旅の宿から

たま~に温泉目指して旅に出ます。

休日ディナー 宇都宮市 Hanabusa(はなぶさ)

オープンしてから1年少々。お昼時に月2、3度は訪れているお蕎麦屋さんです。開店当初はいつ来ても満員でなかなか入れなかったけど、最近やっと落ち着いてきた感じかな。お蕎麦屋さんとはとても思えないスタイリッシュな外観。重厚な扉もまた然り。Hanabusa(はなぶさ)〒320-0851 栃木県宇都宮市鶴田町799-7TEL.028-611-3563営業時間/昼 11:30~14:30(LO14:00)     夜【木・金・土・日営業】18:00~21:00(LO20:30...

続きを読む

鏡ヶ浦温泉 rokuza 道草編<2020年2月>

チェックアウト間際までお湯に浸かったり、のんびりとさせていただき、後ろ髪引かれつつ宿を後にします。宿から眺めた富士山は、右側半分が山に隠れて見えなかったけど、館山方面に進めばきっときれいに見えるよね、なんて話しながら走っていると、館山市街地に向かう途中の海沿いに駐車場を見つけた。思った通り今度は障害物もなく、晴れ渡る海にきれいに浮かぶ霊峰富士。見事なもんです。館山に向かったのは、昨日いただいたパテ...

続きを読む

鏡ヶ浦温泉 rokuza 朝食編<2020年2月>

朝食は 8:30を選択しました。中庭越しに海、朝の光が眩い。テーブル上のボトルは水差しです。昨夜夕食時に、朝食のメニューを選べると聞いたので、私は迷わず和食をチョイス。その献立。メニュー表を外すときれいに細工されたおかず入れ。箱の側面にも細かな細工がされていて美しい。そしておかずもまた綺麗だ。しらすと滑子おろし。付け合わせがダブルで贅沢。がんもの含ませ、青味に絹さや。小松菜と薄揚げの浸し。やさしいお味...

続きを読む

鏡ヶ浦温泉 rokuza 夕食編<2020年2月>

夕食、スタートは18:00をチョイス。普段は圧倒的に山の幸をいただくことの多い我が家。海の幸の食事は本当に楽しみだ。如月 ロクザコースの夕食献立。部屋は一番奥の個室。目の前は真っ暗だけど翌朝には中庭越しに海が見えました。最初に先八寸。メインのお皿には合鴨とすだれ麩の治部煮。若鷺(わかさぎ)変わり揚げ、芹と柴漬けの磯辺寿司、玉子真丈。鮟肝ちり酢、根芋ばら子和え。一品一品が凝っていて、すべてが丁寧。そんで...

続きを読む

鏡ヶ浦温泉 rokuza 館内編<2020年2月>

それでは少し館内を散策して。こちらはチェックインの時に利用したソファ。目の前に広がる景色に滞在の期待も膨らみます。ソファのあるロビーにはテレビや雑誌などが置いてある。部屋にあったので利用はしなかったけど、自由にいただけるエスプレッソマシーンもありました。中庭に出てみる。何方かのブログに書いてあったけど、こちらのプールは観賞用で泳ぐことは出来ないとのこと。もっともお子さまでもなければ、プールを使おう...

続きを読む

鏡ヶ浦温泉 rokuza 部屋編<2020年2月>

鏡ヶ浦温泉 rokuza〒294-0055 千葉県館山市那古1672-88TEL.0470-20-5693チェックイン/15:00 チェックアウト/11:00部屋数/全18室エントランスのデザインもかなりユニーク。スタッフさんに導かれロビーへ。通されたソファからはオブジェ越しにプールが見える。専属のパティシエさんが作る生チョコとフレーバーティ。この生チョコはかなり美味しい♪一休み後はまたスタッフさんの案内で、エレベーターで3階まで上がり、こんな通...

続きを読む

鏡ヶ浦温泉 rokuza 到着編<2020年2月>

南東北三大お気に入り宿に訪れることができたので、この辺で一旦旅の荷をおろし大人しくしよう、なんて思っていたんだけど、なかなか予約のとれない人気宿に空きを見つけてしまったのでね♪ あ~往生際が悪いったら。今回は関東地方にありながら、仕事以外でほとんど出掛けたことのない千葉県へ。普段暮らしている宇都宮からはえらく遠いところという印象が強くて、しかも以前は首都高を通って行かなくてはならず、それもちょいと敬...

続きを読む

休日ディナー 宇都宮市 鎌倉パスタ

休日の夕食。気になっていた激安の中華料理店を目指して出かけたのだけど、生憎お休みと言うことでUターンして戻って来ちゃった。その途中で見かけた、全国におよそ200店舗を展開しているパスタ屋さん。駐車場も空いていたし、中華から180度方向転換のディナーになっちゃったけど・・・。鎌倉パスタ 宇都宮八幡台店〒320-0015  栃木県宇都宮市八幡台2-15TEL.028-623-0309営業時間/11:00~22:00(LO21:00)定休日/元日駐車場/...

続きを読む

オーベルジュ 別邸山風木 朝食編<2020年1月>

朝食は8時から時間を選べます。我々は8:30を選択。するとテーブル席、池を臨むカウンター席ともに満席。なので夜と同じカウンター席に。最初にテーブルセッティングされた、籠入りの4つの小鉢。油揚げの多い切り干し大根。牛肉と糸こんにゃくの炒め。いろいろと合わせる具材は変わるけど、これはほぼ定番。きんぴらごぼう。湯葉の明太子掛け。朝のおばんざいは、長谷川豆腐店の寄せ豆腐におから、女将の温泉たまご、スタッフちい...

続きを読む

オーベルジュ 別邸山風木 夕食編<2020年1月>

夕食はまたしてもカウンターで、しかもいつもの冷蔵庫前。令和2年睦月の夕食メニュー。まずは蔵王彩りの前菜から。いつもながらキレイで美味そうだ。上から時計回りに、鮪湯葉和え、白身魚の酢の物、トマト白船、パプリカグラタン、生ハム百合根、漬け玉子の黄身衣、彩り一口寿司、烏賊の醍醐味和え、真中の二品は、喜知次の彩り焼きと旬菜生春巻お腹を少し満たしたならば、山風木のおばんざいを取りに。幸せの肉じゃが。特製出汁...

続きを読む