たま~に温泉目指して旅に出ます。

奥日光 森のホテル 館内編<2019年1月>

2019/02/14
奥日光 森のホテル 4
森のホテルさんが今のようなオサレなホテルにリニューアルしたのは、
確か東日本大震災直後の2011年4月。
当初3月に再オープンを予定されていたと記憶しています。

玄関を入ってすぐ、フロント前のスペースはホテルの顔。



フロントを通り過ぎてすぐ左側にはお土産コーナー。



お土産コーナーの前にもお酒などを扱うショップがあります。



ショップから数段の階段を降りると、吹き抜けに休憩スペース。



高い天井と煉瓦調の壁が、この先の暖炉とマッチしていて、
北欧風と言うか、雪のリゾートを感じさせます。



この煉瓦調の壁の下にあるシェルフには、とりとめのない小物が飾られていたり。
シェルフ右横の扉は喫煙所への入口。



その喫煙所前にもいくつかの椅子が並べられていて、
このラウンジにはいくつ椅子があるのだろうなんて、つまらないことを考えてしまった。



椅子の後ろはスロープになっていて、車いすでの移動も可能なバリアフリー仕様。
実際車いすも置いてあり、利用者にはありがたいホテルです。



ラウンジからの雪景色。



庭のちょうど真ん中辺にある大木には注連縄が付けられています。
この大木(御神木)を眺められるテラスがあり、ごしんぼくテラスと名付けられています。
ここに来るのは決まって冬だからなぁ、一度は緑豊かなテラスを見てみたいね。



チェックインをした扇型のラウンジの一角にはバーカウンター。
翌朝の食後には無料でいただけるコーヒーが置いてありました。



なんと言ってもこの温泉地には極上のお湯がある。
先ずは貸切風呂へ。45分で税込2,160円と有料ではあるけど、じっくりお湯を楽しめるからね。
入り口を撮り忘れちゃったので、いきなり脱衣所から。
せまっ!



狭いながらも一応洗面もあり。



洗い場は一か所。



やっと二人入れるくらいのスペースだね。
でも緑白色というのか、キレイなエメラルドグリーンの濁り湯が湯船に満たされている様は何とも言えない!



高温だからこれだけでもすぐに熱くなっちゃう。



湯の花舞う極上湯ですね♪



温泉分析表。
泉質は、含硫黄-カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉(硫化水素型)。



続いて男女別の大浴場、殿方の湯入り口。



ご婦人の湯入り口前には湯上り処があり。



お水やお漬物などいただけます。



いただけるのは、やまくらげ醤油漬けや柚子の香きのこみそなど。



殿方の湯を入るとすぐに広い脱衣所と洗面所。




お風呂入口脇にも更に脱衣スペース。
日帰り入浴を受け入れているから多いのかもしれないけど、
いくら何でもこれだけの人数は入れないっしょ、っていうくらい沢山の脱衣かご。



洗い場。カランの数は11。





夜の内湯だけど、ここにもやっぱりいい色をした濁り湯が。



湯口には恵比須様(笑)、いいね♪



夜の露天風呂。この雰囲気、雪見でサイコー。



利用はしなかったけどサウナもありました。



朝10時過ぎの内湯。
さすがにチェックアウト間際に入るおバカは、私しかいなかったな(^◇^)



雪の白さでエメラルドグリーンの濁り湯が際立ちますね。



関連記事
kazz
Author: kazz
基本的には宿が好き。
だから美味いもんが食べられれば、
温泉じゃなくても行っちゃうよ♪

コメント(4)

There are no comments yet.

ちろっこ  

No title

こちらのホテルはもちろん、このあたりには気になる宿が沢山あります。
問題は、弱すぎる三半規管がいろは坂を耐えぬけるか…。わりと箱根でも悲劇のギリ手前くらいまでいきます( ;∀;)
それにしても素敵なお湯ですね。緑がかったお湯はあまり見た事がないかも。あ、福島の静楓亭さんは翡翠色でしたがエメラルドグリーンではなかったなあ…。
雪見もこれくらいが綺麗に見えます。あんまり積もり過ぎて雪しか見えないのもあれなんで…。

2019/02/14 (Thu) 12:35

kazz  

No title

> ちろっこさん

おはようございます。

奥日光湯元温泉にはよさげな宿が多いですね。
私は森のホテルさんで3軒目ですが、最近はずっとこちら。
たまには浮気してみようかな、なんて思っています。

この辺のお宿はおそらくすべてが濁り湯だと思いますが、
森のホテルさん以外で泊まった宿は、白濁のお湯。
エメラルドグリーンの濁り湯ではなかったと記憶しています。
そうそう、静楓亭さんのお湯もキレイなグリーンでしたね。
あ~、またあのドでかい露天風呂に浸かりたい。

そう言えばいろは坂の標高差って、日光市街地から終点の明智平辺りまでで440mもあるんだそう。
かなりの急坂といわねばなりませんね。
因みに、奥日光湯元温泉の標高は1600mだそうです(^-^;

コメントをありがとうございます。

2019/02/15 (Fri) 08:50

ta_guri  

No title

栃木のエメラルドグリーンのお湯、いいですよねぇ~!
那須や鬼怒川の温泉もいいけど、やっぱり日光もいいなぁ♪
雪景色を楽しみながらって、ホント贅沢な時間ですね(*^_^*)
今度はいつ旅に行けるかなぁ~…。4月くらいにどこかへ行きたいスイッチ入ってますヽ(^o^)丿

2019/02/21 (Thu) 05:20

kazz  

No title

> ta_guriさん

こんばんは~。

奥日光湯元温泉のお湯も、白濁や緑白色だったり。
いずれ劣らぬ硫黄泉の名湯ではあります。
鬼怒川のサラッとしたアルカリのお湯、
那須は硫黄泉もアルカリ性のお湯もどちらもGOODですね♪

私が森のホテルさんを訪れるのは決まってこの季節なので、
私こそいつかは緑豊かな時期に訪ねてみたい・・・と思っています。

コメントをありがとうございます~。

2019/02/21 (Thu) 20:36