たま~に温泉目指して旅に出ます。

奥日光 森のホテル 夕食編<2019年1月>

2019/02/18
奥日光 森のホテル 6
何度か極上のお湯を楽しんでいるうちに、夜の帳が下りてくる。
振り返り見れば自分の足跡だけがくっきりと・・・。



夕食会場となる杜のダイニングへと向かいます。



食事開始の時間は選べたのかな?
我々は18:00ちょい過ぎにダイニングに入りました。



お品書き。睦月の御献立です。



最初のテーブルセッティング。



森のドリンク
食前酒ではなく、スムージーのような飲み物がありました。
アボカドを使い、数種類のフルーツと合わせたドリンク。
クセもなくなかなか美味かったですよ。



先付
荏胡麻豆腐、蟹、芽キャベツ、磯辺餡。



前菜
『地の食材と季節の食材を吟味いたしました。
目でもお楽しみいただける前菜の盛り合せでございます。』とのこと。
全体の写真を撮り忘れちゃったみたい。

ミニ焼芋と金柑蜜煮(メニューにはそう書いてある)。



二身椎茸と合鴨ロース。



焼占地、春菊、バラ子、糸賀喜。



蛤酒蒸しと公魚南蛮漬。



そして生ハムマンゴーの全8品。
コレと言った一品はないけど、どれもお酒のあてとして美味しいと思いますよ。



JR日光駅の近くにお店を構える日本酒製造の米源さんが醸す地ビール。
日光山系の天然水で仕込んだという日光路麦酒。
苦み少な目でさっぱりとした飲みやすいピルスナーです。



造り
頂鱒(いただきます、と読むのかな)、日光生湯波、妻一式、土佐醤油。
『通常の鱒の倍の時間育成した日光産頂鱒のご用意です。
長く育成したことによるさっぱりと、しかし深みのある味わいをご賞味ください。』だそうです。
こういう山のお刺身が嬉しいね。



今回のプランはスタンダードプランと同じ内容、同一料金でワインフルボトルでいただける。
赤白選べると言うことなので、赤をチョイス。
苦みは控え目で、ちょいと酸味が感じられるフランス産のワインでした。



煮物椀
里芋、大根、人参、玉蒟蒻、鶏肉、韮水団、牛蒡、小松菜、葱。
水団汁とは面白い。いろいろな具材が使われていて、今回の料理で一番印象に残ったのがこの一品。



水団汁には柚子胡椒が付いてきて、途中で味変して楽しみましたが、
これがまためっちゃ辛いんだ!



焼物
鰆クレイジーソルト焼、黄身卸し、長芋オランダ煮、紅白はじかみ。



揚物
日光舞茸天、海老餅粉揚、紫芋天、芹磯辺揚、紅葉卸、炒り出汁。



銀鍋
日光牛しゃぶ、白菜、水菜、榎木、若布、豆腐、葱、胡麻だれ、ぽん酢。
『日光牛の上質な脂をさっぱりといただける様にしゃぶしゃぶをご用意いたしました。
新鮮な野菜と共にお召し上がりください。』とのことです。
見るからにいいお肉ですね。



食事
湯波雑魚山椒飯
『湯波と雑魚の柔らかな食感を山椒の香りで仕上げた混ぜご飯です。』



山椒の香りがよくて。ちりめんじゃこの塩気でちょうどいいお味。
このご飯は美味しかったな。



なめこと湯波の味噌汁だったかな。



そして香の物も。
日光名物らっきょうのたまり漬けが付いてました。



デザート
チーズケーキに林檎のコンポート、それに苺。



堅苦しい懐石料理ではなく、水団汁が出てきたりとなかなかユニーク。
地のもの中心に考えられたメニューにも好感が持てましたよ。
関連記事
kazz
Author: kazz
基本的には宿が好き。
だから美味いもんが食べられれば、
温泉じゃなくても行っちゃうよ♪

コメント(6)

There are no comments yet.

ちろっこ  

No title

水団汁、美味しそうですね(^^♪
ワタシは柚子胡椒が大好きなのでたくさん入れたくなります。
赤柚子胡椒を入れても美味しそう。。
全体的な量も程良そうで、お酒を飲みながら美味しく完食できそうです。

2019/02/18 (Mon) 19:17

鴨ミール  

No title

kazzさん、こんばんは~。
温泉ももちろん素晴らしいですけど、
食事も素晴らしいですね。
どれも凄く美味しそうです\(^O^)/
日光の鱒とか、湯葉とか、
地元のものがふんだんに使われていて
とってもいいですね♪
地ビールもあってこれもイイです。
日光牛が滅茶苦茶美味しそう~。
水団に柚子胡椒は、パンチが効いていて
楽しめそうですね。
この料理は食べてみたいです。

2019/02/18 (Mon) 21:25

kazz  

No title

> ちろっこさん

おはようございます。

お宿で水団汁がでるなんて初めてだったので、
なんだかとてもほっこりした気分になりました。
料理としても美味しくて満足でした。
が、これ結構なボリュームでね(^-^; 結構やられましたわ。
全体的な量でいえば「ほどよい」となると思います。
特に最近は食べる量が減っている我々には。
ただし今回はこの水団汁にやられた感ありですが。

コメントをありがとうございます。

2019/02/20 (Wed) 08:43

kazz  

No title

> 鴨ミールさん

おはようございます~。

奥日光湯元のお湯はホントに素晴らしい。
森のホテルさんから戻ってからかなりの時間が経ちますが、
その時に着ていたパジャマ、もちろん何度か洗濯しているにもかかわらず、
いまだに仄かな硫黄臭ありますのでね。半端なく濃ゆいお湯でした。

料理もこれといったキラーメニューはありませんが、
地のものをうまく使用した美味しいものでしたよ。
何と言ってもあの水団汁。ボリューミーで美味かった♪
そう言えば偶然ながら、鴨さんも水団汁を召し上がったようで。
この時季にはほっこり温まって嬉しい一品ですね。
た・だ・し、柚子胡椒は入れ過ぎご注意!めっちゃ辛かった!
お肉もいい感じでしたしね。総じて良かったと思います。
だからこそ4回も通っているのですけどね♪

あの地ビール、フルーティで濃厚。
普通に道の駅やらお土産屋さんでも見かけた記憶があります。
もし見つけたらお試しあれ!

コメントをありがとうございます。

2019/02/20 (Wed) 08:54

ta_guri  

No title

おぉっお食事もあれこれ少しずつ楽しめるバランスのいいラインナップですね。
水団子、これ絶対好き~(笑)
雪の季節は無理だろうから、新緑の季節にこちらに行ってみたいな。

2019/02/21 (Thu) 05:23

kazz  

No title

> ta_guriさん

ta_guriさんご夫婦でしたら、のっけからお酒のあてに
大喜びされると思いますよ♪

水団汁、これはなかなか旅館メニューではお目にかからないので、
運ばれてきたときに思わず「おぉっ~!」と声が出ちゃった。
実際に美味しかったのでね。これが一番印象に残っています(笑)

館内もきれいだし、日光は見所盛りだくさんだし、
是非訪れてみてくださいましっ!

連投ありがとうございました~♪

2019/02/21 (Thu) 20:42