たま~に温泉目指して旅に出ます。

あったか~い宿 勝風館 前編<2018年3月>

2018/04/02
あったか~い宿 勝風館 6
2月に2週連続2泊3日の出張があり、どちらも全日立ちっぱなしのお仕事(細かいことを言えば、日帰り出張をいれると4週連続だった)。
足腰が崩壊し、歩くのもきつい。
週末の金曜日、何処か近場でのんびりとお湯に浸かりたいなぁ・・・。
そんなことを考えながら旅行サイトを見ていたら、一件ありました。
女房殿に言ってみると、「さっさと予約しちゃいなさい」と。
お言葉に甘えて出かけてきました、一人で♪

ここのスーパーは、前から利用していたんだけれど、
蕨屋ご夫妻御用達のお店として有名だったりして。
こちらでお酒やらつまみやらしこたま買い込んで、
クーラーバッグに詰め込み宿に向かいます。



向かったのは那須塩原にある板室温泉。
今回お世話になったお宿は・・・。



もちろん、こんな高級宿ではございません。

こちらも有名な大黒屋さんの入り口。
ここも写真を撮らせていただいただけですので。



板室温泉バス停があって、その先。



2012年9月に、やはり一人旅で訪れて以来。

〒325-0111 栃木県那須塩原市板室1136
TEL.0287-69-0224
チェックイン/12:00 チェックアウト/10:00



お宿のちょっと先には、現在は使われていない加登屋旅館の本館。
登録有形文化財の建物です。



それでは5年半ぶりにお邪魔させていただきましょう。



玄関を入って、こちらがフロント。
宿帳への記帳は部屋で。



フロント前にあるソファ、所謂ロビーですな。
チェックアウトの時、ここで爺様と20分くらい話をさせていただきました。



そして部屋へ。3階にある菊の二号室。



6畳、洗面・トイレなし。布団を引っ張れば何時でもゴロンとね。



浴衣にタオルにバスタオル、それから歯ブラシと。
ちゃ~んとありますよ。
仲居さん、私を見るなり「大きいの持ってくるからね」ということでLL。
今どきは名前入りのタオルが嬉しかったり。



鍵だってあるんだから。
閉めてもしょうがないような気もするけどね。
ま、そこはお宿のためにもしっかりと施錠しますよ。



一度も見なかったけれど、テレビなど諸々。



お茶のセット。
左下はお茶請けの蕗のたまり漬け。その隣はサービスの甘酒。
寒いところをやって来たから温まったよ。



部屋の窓から見える景色はこんな感じ。
微かに雪に覆われた山並み。



左手には先ほど通ってきた大黒屋さんの入り口が見える。



なんとサッシはご覧の通りの二重。
モチロン暖房は入っていたけど、風呂上りには消していたくらい。
完璧な防寒。



部屋の前から階段方向をチェック。



共同の洗面兼流し。奥にあるのは給湯器だね。



廊下の奥に見えているのがこの共同冷蔵庫。



勝風館さんは、快適な睡眠のために枕に拘っているみたい。
昼寝でウトウトしていたら、首が痛くなっちゃって。



デフォルトで用意されていたのが、普段使い慣れていないそば殻の枕だったので、
若女将に相談して柔らかなものに交換してもらった。
1階に枕部屋があって、凄い種類の枕が並んでいました。



次回、お風呂やら食事やら(^-^;
関連記事
kazz
Author: kazz
基本的には宿が好き。
だから美味いもんが食べられれば、
温泉じゃなくても行っちゃうよ♪

コメント(6)

There are no comments yet.

みーしゃ  

No title

なつかし~~~(#^^#)
しょうふうかんさんでしたか!
いけがみも?(笑)
ふつ~の、地場のスーパーなんですけどね、時々激安野菜とかあるんですよ
惣菜はいつもみるだけですけど。。。(*^_^*)

2018/04/02 (Mon) 14:41

kazz  

No title

> みーしゃさん

こんばんは~。
そう、勝風館さん。懐かしいでしょう?
確か蕨屋ご夫妻も同じ頃だったような気がします。

いけがみの惣菜は、いつもごちゃごちゃと陳列されていてね。
でもなかなか美味しいんですよ。
お湯目当てでまた出かけちゃうかも。

コメントをありがとうございます。

2018/04/02 (Mon) 18:45

ta_guri  

No title

うわ~~kazzさんの記事は、出かけたいスイッチを連打しますよ~(笑)
もうノーマルタイヤで出かけるのも、そう怖くない時期になったかしら♪
そば殻の枕って、寝返りをうつと「がさがさ」って音がするので、慣れてないとダメですよね(笑)
あっ子供の頃はそば殻だったなぁ…。
共同冷蔵庫も、なんだか懐かしい!!!(笑)
小さい頃、おばあちゃんの家はこういうやつだったような…。

2018/04/03 (Tue) 16:52

kazz  

No title

> ta_guriさん

こんばんは~。

ta_guriさんはしばらくお出かけになっていないようなので、
旅行記などを見ちゃうと、すぐにスイッチが入っちゃうんですかね。
お湯は素晴らしいけど、6畳間の何もない部屋ですので・・・。
でも妙に落ち着くんですけどね、こういう空間って。

少なくとも那須にはこの時期でも雪はありませんでした。
もうさすがに関東ならノーマルで大丈夫でしょうね。

そう言えば昔は枕と言えばそば殻でしたよね?
私なんぞ頭がでかい顔でかい、なので硬めの枕は頭や耳が痛くなっちゃって(^-^;
最近は柔めの専門ですわ。

一人で出かけるお宿の一つのスタイルになってますね、共同冷蔵庫。
もっとも私が子供の頃は冷蔵庫なんて無かったな、そんな時代です(^-^;

いつもコメントをありがとうございま~す。

2018/04/03 (Tue) 19:17

ちろっこ  

No title

久しぶりの再訪って、懐かしくもあり、新鮮でもあり、ですよね。
栃木は少し郊外に出るとあちこち温泉があっていいですね。何気に大田原温泉が気になっています。ツルツル湯みたいで浸かってみたい。

ワタシも今日はおひとりさまで伊豆にいます。キズパワーパッドで患部をガードし、常に左足は湯船に浸からないように上げたままでの入浴、温泉に癒されながらも疲れるという…( ̄▽ ̄)

2018/04/05 (Thu) 22:06

kazz  

No title

> ちろっこさん

こんばんは~。

いや~、大変な目にあいましたね。
ちろっこさんが湯船に浸かっている様子を考えただけで、
申し訳ないと思いながらも、笑ってしまいました。

大田原温泉、龍城苑ですかね?
噂を聞いて私も7~8年前に泊まりましたよ。
食事はまずまず、よくある部屋に一気出しの旅館料理でした。
ただし、時間も経過しているので今は進化しているかもしれません。
大田原牛の握りは抜群に旨かったな!
問題のお湯。これはもう素晴らしかったです。
ヌルヌルトロトロのお湯でした。
日帰り温泉併設ではありますが、
宿泊者専用のお風呂もありますし、
お風呂付の部屋もリーズナブルだし。
西那須にある大鷹の湯も同じ系のお湯ですね。
栃木は新幹線を挟んで東側のお湯が、
こういったトロトロ系が多いようです。

いつもコメントをありがとうございます。

2018/04/05 (Thu) 22:28