たま~に温泉目指して旅に出ます。

茜彩庵 山水 前編<2013年6月>

2018/05/24
過去の旅 2
今回も過去の旅から。
5月の福島飯坂温泉に続いて、翌月に出かけたのは群馬県の藤岡市。

宿に向かう前に少し寄り道をしたので、まずはその紹介から。



ここは群馬県上野村にあるスカイブリッジ。
『川和自然公園とまほーばの森を結ぶ長さ225mの観光吊橋。
高さ90mの橋上からは美しい山岳景観と集落が眺望できます。』
とのことです。



いや~、ここからの眺め、はっきり言って足がすくみますから。
今思えば、高所恐怖症なのによく渡ったな。



渡り切って反対側からのショット。
季節柄、新緑がキレイだったね。




今回のお宿はお風呂が温泉ではないので、途中立ち寄りで温泉に浸かりました。
が、その肝心な写真を撮っていない。なんてこった。



と思ったら、なんとスマホで撮った画像が見つかった。

〒370-1612 群馬県多野郡上野村野栗沢506
TEL.0274-59-2161

温泉はこんな感じです。



急なお願いだったせいか、準備ができていなかった。
でもこんな中でもしっかりと入浴しましたとも。(なのでHPからきれいな画像を拝借)
温湯で気持ち良かったことを覚えています。



宿のご主人に何か食べさせてください、とお願いすると、
「うどんぐらいしかできないけどいい?」とのことで、喜んでお願いしました。
(画像はこちらもHPより拝借しました)
地粉から手打ちで作られたうどんは、ベージュがかった色味。自然の色なんでしょうね。
それとこの天ぷらの量が半端ない!些か夕食が心配になったよ。



話好きの宿のご主人と2~30分会話をして出発。

そして今回のお宿に到着。



〒370-1403 群馬県藤岡市保美濃山875
TEL.0274-56-0321
チェックイン/15:00 チェックアウト/10:00



奥が入り口で、こんなオサレなところを通ってエントランスに。



館内至る所に花が飾られ、女将さんの繊細さが窺えます。



女将さんとお話をしていると、我々と同い年ということが判明。
そんなことで盛り上がっちゃって、こちらでも2~30分話し込んじゃった。



確か入り口が建物の4階部分にあたって、1階上がると部屋があったと記憶しています。
客室に向かう途中、階段を上りきったところで。向こうに神流湖が見えています。



この時の部屋は紅枝垂。
階段を上がって一番奥の部屋で、隣は貸切風呂。



ずっとこの広縁に座って、移り行く景色を眺めていましたね。



あまり天気はよろしくなかったけど、雨に降られず良かった。



そして夕暮れ時の神流湖。・・・美しい♪



部屋の隣にある貸切風呂へ。



館内色々な場所に松葉啓さんの意匠が感じられます、このお風呂もそう。



お風呂の窓から見える湖。



でも、右下に見えるのは乗船所。
何だか丸見えのような気が・・・。



そう言えば、入りはしなかったけど、こんな大浴場もあったんだよね。



さて、山水さんは食事の評判が頗る高いお宿。
次回、楽しみにしていたその食事のレポなど。

関連記事
kazz
Author: kazz
基本的には宿が好き。
だから美味いもんが食べられれば、
温泉じゃなくても行っちゃうよ♪

コメント(2)

There are no comments yet.

山? 俊  

No title

「茜彩庵 山水」は是非再訪したい宿のひとつです。
食事と眺望が素晴らしい」ですね。
温泉であれば言うことなしですが。
その折「すりばち荘」もその翌日に宿泊、そして下仁田に出て「清流荘」に宿泊しました。

2018/05/24 (Thu) 22:39

kazz  

No title

> 山? 俊さん

俊さん、こんばんは。

俊さんと同じようなルートで旅をしていたのかと思うと、何だかとても嬉しくなります。
こんな風に、昔の旅を振り返るのも面白いものですね。もっとも出掛けることが出来なかった、苦肉の策ではありますが・・・。
山水さんには是非とも再訪したいと、あらためて思いました。

コメントをありがとうございました。

2018/05/24 (Thu) 22:55