たま~に温泉目指して旅に出ます。

信州への旅 その2<2017年7月>

2018/08/23
日記 2
それでは夕食のご紹介。
まずは前菜から。
アスパラガスのパンナコッタ



パンナコッタはイメージとしてデザートなんだけど。
たぶん、下にあるソースが生クリームを煮詰めて、ゼラチンで固めたものだったんだろうと。



お酒はコドーニュ・クラシコ・ブリュット。
スペイン産のスパークリングワインをいただく。



こちらは追加注文の信州サーモンのスモークマリネ。



二人で一皿のオーダーだったけど、十分なボリューム。



続いて運ばれてきたのは、可愛らしい器に入ったスープ。



ムール貝のスープ サフラン風味



4人分のパン。




ここで魚料理の登場。



スズキのソテー バジル風味のズッキーニ添え



お肉の前に赤ワインを投入。
イタリア・ネグラーレ社のロッソ・デル・ヴェネト。



牛フィレ肉のポワレ



ポワレというと魚料理を思い出しちゃうけど、
元々はお肉料理の調理法なんだとか。



このタイミングで、野菜サラダ。



最後のデザートへ。



カシスババロア
コーヒーと共にいただきました。



食後は4人でバーに移動して。



マティーニだったかな、女房殿のオーダーです。



翌朝はバイキングの朝食。
久しぶりに「馬鹿じゃない」と言われるくらいに皿に盛りつけて完食。
チェックアウトし、寄り道しながら帰ります。

直売所好きな我々のために、ここに立ち寄ることを考えていたようです。

〒391-0111 長野県諏訪郡原村上里18101-1
TEL.0266-74-1740
営業時間/9:00~17:30(冬期9:30~17:30)
定休日/5~11月は無休、12~4月は水曜定休



山梨の美味しそうな桃が売られていたけれど、
さすがに持って帰れないので断念。



そして道一本隔てたところに併設の808 Cafe。



店内でカフェメニューがいただける。



ベーカリーで購入のパンは、店内やテラスでいただくこともできるそう。



次に案内してくれたのは、タレントの柳生博さんが開設したことで有名なここ。



〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240-2594
TEL.0551-38-3395



雑木林の中に、ショップやギャラリーなどが点在。



散歩道のところどころに、可愛らしいオブジェがあって心和む。







こちらの雑貨屋さんでしばしのウインドウショッピング。







ひと汗かいたらレストランで休憩。



何と言っても名物はフルーツティーなので、それをオーダー。



以前、佐久市の花水木でいただいたような、フルーツがたっぷり入った紅茶。



この雰囲気の中だもん、美味しさも倍増ですな♪



田舎者の我々ではこの辺になかなか来れないだろうと、まだまだ道草は続きます。



従姉夫婦は八ヶ岳周辺が好きなようで、とにかくこの辺りに詳しい。
訪れたのは清里。
学生時代に電車で来て以来だな~。

〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545
TEL.0551-48-3522
営業時間/10:00〜18:00(5月~11月)・10:00〜17:00(12月~4月)
定休日/年中無休



入口に立つオサレなホテルは、ハット・ウォールデン。



フィアットパンダには花をのっけちゃっている(^-^;



萌木の村は、このレストランを中心とした施設、ショップの集合体。



オサレなショップがいっぱい立ち並んでいる。









なんとメリーゴーランドまで。



そんな数多いショップの中で気になるショップを発見。






入口いた、本物のハチワレ猫ちゃん。



ちょいとかまっていると、この通り(笑)



扉に張り付いている子や、



庭のオブジェになっている子など、見ているだけで飽きないね。



それでは最後はここに戻ってランチをしましょ。

こちらのオーナーさんが清里最初の喫茶店「ロック」を開業し、
萌木の村を設立したそうな。



ROCKの名物は、年間15万食を売り上げるというこのカレー。



従姉からそのボリュームのことを聞いていたので、この普通盛りを二人でシェア。
また一緒に乗っかている野菜の量も半端ない。



甲州麦芽ビーフや地元野菜、隠し味のいちごジャムなどを使ったオンリーワン。
レーズンバターがのっているのもユニークだ。
美味しかった、楽しかった♪

従姉の旦那さんには、昨日買っておいた地酒を差し上げて。
談合坂のSAに寄って、八王子JCTでお別れ。
ご夫婦のお気に入りだと言う八ヶ岳周辺を案内してもらい、
たっぷりと遊んだ二日間でした。
関連記事
kazz
Author: kazz
基本的には宿が好き。
だから美味いもんが食べられれば、
温泉じゃなくても行っちゃうよ♪

コメント(2)

There are no comments yet.

ちろっこ  

No title

とても保養所とは思えない夕食ですね。
オシャレなフレンチレストランみたい。
しかもバーまである保養所なんて、ワタシはお目にかかった事がありません。

清里はワタシが子供のころものすごいブームで、よくお土産でジャムとかお菓子をもらった覚えがあります。
一度も行った事がありませんが、落ち着いてて素敵なところですね。

2018/09/02 (Sun) 16:24

kazz  

No title

> ちろっこさん

こんにちは~。

私は保養所自体が初めてだったのですが、
こういう保養所が当たり前ではないんですね。
従姉にはとにかく料理が美味しいよ、と聞いていたのですが、
いやはやホントに美味しかったですよ。
また連れて行ってね、とおねだりをしているところであります。

私が学生時代~20代くらいは清泉寮をはじめとして、
確かにすごいブームになっていましたね。
ブームに乗っかって、一度だけ訪れたことがありました。
でもさすがに人が多くてね、閉口した記憶があります。
我々がこの日訪れた萌木の村も結構な人でしたよ。
雑貨屋さんなどが多いので、女性陣は楽しそうにウインドウショッピングをしておりました。

いつもコメントをありがとうございます。

2018/09/02 (Sun) 16:39