たま~に温泉目指して旅に出ます。

葉山舘 夕食編<2018年9月>

2018/10/18
葉山舘 4
葉山舘の夕食。
時間は選択できたと思います。我々のスタートは18:00から。
時間になったら4階にある翠葉亭専用ダイニング「福寿庵」に向かいます。
右端に少し見えているのは、一際大きい壺の飾り物。

なんと入り口で出迎えてくれたのは、前回まで毎回お世話をしていただいたスタッフさん。
もういらっしゃらないと思っていただけに嬉しい再会となりました。
このスタッフさんは一度引退されたけれどまたこちらに復帰されたのだとか。
お客さんからの信望も厚く、人気が高かった方だけに、きっとお宿からの要請もあったんだと思います。



席に案内されて、「○○さん、6年ぶりですね」と。よく覚えていてくれたなぁ。やっぱりプロですよね、嬉しくなります。
ダイニングはレストラン形式で仕切りはありませんが、ある程度の距離があるのでそれほど周りは気になりません。



夕食メニュー。
下段に書かれているお肉料理、お魚料理、お食事は二品からチョイスできる、プリフィクスになっています。



先ずは食前酒の上山産赤ワイン。



前菜。



左上から、トリの生姜味グリル。



菊となめこの海藻とろろ。



いちじくののワイン煮。



厚焼き玉子カニ身のせ。



あけびの田舎焼き。



さつま芋のレモン煮。



比較的シンプルな料理だけど、どれも美味しい。

この後私がオーダーしたのは、地元上山市にあるタケダワイナリーの蔵王スター。ハーフボトルで。



3人は西村山郡朝日町にある朝日町ワインの、スパークリング マスカットベーリーA ロゼ。こちらもハーフボトルで。



次に運ばれてきたのは刺身。



サーモン、鯛、烏賊、鳥貝。妻には山形伝統野菜の陸ひじき。



温物。
福寿庵名物 揚げそばがきの天然きのこのあんかけ。



小さく見えるそばがきだけど、こいつがずっしりとお腹に響くんです。
毎度ここで一度ピークがやってくる。



ここからプリフィクス料理のスタート。まずはお肉料理。
上の娘が選んだのは、山形牛ロースステーキ サラダ野菜の上山アロニアドレッシング。



お肉、結構でかいね。



他の3人がチョイスしたのがこちら。



鍋の中は、キレイなワインレッドの液体で満たされています。



上山産ワインで山形牛ワイン鍋 トマトポン酢。



キレイにサシの入った山形牛は、鍋と言うよりしゃぶしゃぶしていただきました。



ここでスタッフさんから焼酎の差し入れが。シーハイル蔵王だったかな?
以前夕食時には日本酒やワインではなく、いつも焼酎をオーダーしていたことを覚えていてくれたようです。



続いてお魚の選択料理。
二人の娘チョイスは、ずわい蟹爪と舞茸の天ぷら。



我々夫婦はこちら。



ふかひれのせ茶碗蒸し 県花の紅花あんかけ。



ここで香の物が運ばれてきて、最後の選択料理へ。
この赤いものは、さくらんぼの漬物。山形ならではの珍しい漬物です。



食事のチョイスは4人とも同じもの。



この季節に嬉しい松茸ご飯。
松茸がご飯の中にゴロゴロ隠れていました。



それとお味噌汁は豆腐となめこ、三つ葉のアクセントで。



そして最後のデザート。



フルーツ王国山形らしく、フルーツそのものを凍らせたシャーベット。



お腹いっぱいの後だけに、こういうデザートが何より嬉しいね。



ごちそうさまでした~♪
関連記事
kazz
Author: kazz
基本的には宿が好き。
だから美味いもんが食べられれば、
温泉じゃなくても行っちゃうよ♪

コメント(4)

There are no comments yet.

ちろっこ  

No title

こちらの宿はお食事が美味しかった印象が強いので、変わりないようで何よりです。
お一人様OKな宿なので、次に1人で山形へ行く時はターゲットにしてますよ♪
かみのやまは橋本屋さんも古窯さんも葉山館さんも、料理宿が多いですよね。

2018/10/18 (Thu) 17:10

kazz  

No title

> ちろっこさん

こんばんは。

葉山舘さんの夕食は、私が前回訪れた6年前と
食事のスタイルが基本的にほとんど変わっていないようでした。
もちろん、質的にも量的にも。

おひとり様であの足湯にのんびりと浸かって、
ビールを飲みながらぼーっと蔵王の山並みを眺める。
これってサイコーの贅沢ですね。

かみのやま温泉の中でも、この葉山温泉一帯は良宿が集中してますね。
みんな切磋琢磨してそれぞれいい味出してます。
他の宿にも行ってみたいな、なんて浮気心も♪

いつもコメントをありがとうございます。

2018/10/18 (Thu) 21:21

ta_guri  

No title

わ~~~~!
これはワインも日本酒も進んでしまう~(笑)
復帰されたというスタッフさん。
そういうサービスを提供出来る方って貴重ですよ!
サービス業は、顧客のデータ管理が一番の武器ですから(笑)
廃業してしまった宿でとてもよくして下さったスタッフさんが、今年お葉書を下さって、海外のホテルで再就職したのでぜひ来て下さいとの言葉に、応援がてら行きたくなりましたもん(笑)
やっぱり山形はさくらんぼですねぇ~♪
私は友達のお土産に、でん六の豆菓子に「さくらんぼ味」なるものを見つけて渡したら「やっぱり山形はさくらんぼか…(笑)」って。
案外美味しかったというので、自分用にも買ってくればよかった!と後悔中です(笑)

2018/10/23 (Tue) 18:24

kazz  

No title

> ta_guriさん

こんばんは~。

夕食時、今回はワインで攻めてみましたが、
前回まではビールの後はほとんど焼酎時々日本酒と言った感じ。
それにしても6年も前のことを、しかも数多くのお客さんに接しているスタッフさんが、よくぞ。
ねぇ、やっぱりプロです。私にはできません(きっぱり)。
しかしはがきをくださったスタッフさん、すごいですね。
よほど懇意にされていたのかな、でなければなかなかできないことですよ。

そう言えば、でん六も山形でしたね。
山形はお国自慢と言うか、さくらんぼ、ラフランス、芋煮(牛肉を含む)と
かなり郷土色を前面に出してくる土地柄ですね、大好きですが。

いつもコメントをありがとうございます。

2018/10/23 (Tue) 21:45