たま~に温泉目指して旅に出ます。

かねとく旅館 到着~館内・部屋編<2020年3月>

2020/04/20
かねとく旅館 2
去年9月以来半年ぶりに一人旅に出かけてきました。
泊まったお宿もやはりその時にお世話になったところ。

途中のランチは、この道を通るたびに気になっていたお店へ。
どう見ても『あばらや』にしか見えない店舗外観なんだけど、いつも満車状態。
この日も入り口付近に一台分の空きを見つけて、何とか車を滑り込ませた。

〒377-0806 群馬県 吾妻郡東吾妻町 小泉639-1
TEL.0279-68-3757
営業時間/11:00~14:00、17:00~21:00
定休日/日曜日
席数/30席
駐車場/15台

s-P2290001.jpg

入口付近におすすめ品の紹介ボード。

s-P2290002.jpg

店内は意外に広く、カウンター席の他にテーブル席と小上がり席が3席ずつだったかな。
私はもちろんカウンターに陣取りました。

s-P2290005.jpg

定食を見ると、ほぼすべてのメニューにうどんが付いてくる。

s-P2290003.jpg

ラーメンなどもあるけど、外のおすすめにもあったようにうどんがウリなんだろうね。

s-P2290004.jpg

オーダーしたのはこのお店の定食で一番安いカレー定食。

s-P2290006.jpg

お皿からルーが溢れんばかり。
玉ねぎの食感を感じることはあるが、野菜類はそのルーに溶け込んでいる。
お肉がこれでもか、っていうくらい大量に入っていてとにかくボリューミー。
お米は小泉河原で作られた自家製こしひかりを使用。
家庭的なお味で辛さは控えめでした。

s-P2290007.jpg

小振りのわかめうどんはお椀に入って。地粉を使って作られた手打ちのうどんです。

s-P2290008.jpg

サラダも4種の野菜を使用してあり、十分なボリューム。
この他にお新香も付いていましたよ。

s-P2290009.jpg

お会計はこれで税込み500円。1000円札を渡すと何故かおつりが520円。
こちらが怪訝そうにしていると、「サービスで~す♪」とのこと。
ありえへん。

s-P3140001.jpg

鱈腹食べたあとは買い物しつつ車走らせ、沢渡温泉街に入る反対側の入口に到着。

s-P2290015.jpg

真っすぐに進んで、急勾配になる手前左側がお宿。

s-P2290014.jpg

振り返り見れば有笠山の雄姿。

s-P2290019.jpg

橋の上から眺める上沢渡川は冬枯れでまだ寒そうだ。

s-P2290017.jpg

s-P2290018.jpg

〒377-0541 群馬県吾妻郡中之条町上沢渡2338-5
TEL.0279-66-2711
チェックイン/14:30 チェックアウト/10:00
部屋数/全7室

s-P2290022.jpg

それではフロントでチェックイン。
半年も前のことなのにご主人が覚えていてくれて、記帳は免除。
ありがたいことです。

s-P2290045.jpg

玄関入って真正面がロビー。

s-P2290046.jpg

使用することはなかったけれど、陽が当たり気持ちよさそうです。

s-P2290044.jpg

今回も二階の部屋へ。
中二階にある畳の間のエアロバイクも健在。

s-P2290034.jpg

今回泊まる部屋は、前回の部屋のお隣『鵙』の間。

s-P2290052.jpg

広めの踏込。

s-P2290053.jpg

6畳+広縁で、前回泊まった隼の間とは左右対称ですね。

s-P2290023.jpg

反対側から。
ガランとした空間よりもこのくらい畳が埋まっていた方が、寒く感じないし却って快適。

s-P2290031.jpg

炬燵のセッティング。この時季はまだまだ寒いからね。ぬくぬくとありがたい♪

s-P2290030.jpg

テーブルの上にドライフルーツとシリアルのチョコレート。

s-P2290033.jpg

布団はふっかふか。敷布団+マットレスなので寝心地もバッチリ!

s-P2290029.jpg

バスタオル、ウォッシュタオルに歯ブラシ。
それからお土産にしたぐんまちゃんバージョンのタオル。
浴衣は使用しなかったけれど、ちゃんと用意されています。

s-P2290025.jpg

広縁には小さいながら洗面がある。便利だし、やっぱりうれしい。

s-P2290026.jpg

回転式のチェアの後ろには冷蔵庫。

s-P2290027.jpg

その上には消毒済みの袋を被ったグラスが3個。栓抜きもある。

s-P2290032.jpg

窓からの眺めは有笠山と上沢渡川。

s-P2290028.jpg

落ち着いたところでお風呂に向かいます。

s-P2290035.jpg

相変わらず日の差し込む明るい脱衣所です。

s-P2290037.jpg

そしてきれいに整頓された洗面所。

s-P2290038.jpg

この浴室もまた明るい。

s-P2290039.jpg

今回も40℃程度の温湯。いつまでものんびりと浸かっていられます。

s-P2290040.jpg

泉質はカルシウム・ナトリウムー硫酸塩・塩化物温泉(低張性アルカリ性高温泉)。
掛け流しではないけれど、今回も心地よい湯浴みを堪能させていただきました。

s-P2290041.jpg

風呂上りに部屋の広縁で回転式チェアに腰を下ろし、
飽きることなく有笠山と上沢渡川を眺めていました。

s-P2290049.jpg
関連記事
kazz
Author: kazz
基本的には宿が好き。
だから美味いもんが食べられれば、
温泉じゃなくても行っちゃうよ♪

コメント(2)

There are no comments yet.

鴨ミール  

kazzさん、こんばんは~。

こいずみ食堂さんのカレー定食、
500円でも安いと思うのに、
20円もおまけですか!
激安すぎます\(^O^)/

かねとく旅館さんは最初から
布団を敷いてくれていて嬉しいですね。
コタツまで出ていると、ちょいと狭いそうですが、
一人で泊まるぶんには丁度良さそうですネ。
お風呂もぬるくて長湯出来そうで、素敵です。
風呂上がりのビールとチョコがとっても美味しそうです。
続きも楽しみにしています!

2020/04/20 (Mon) 23:31
kazz

kazz  

鴨さん、こんばんは。
コメントをありがとうございます。

こいずみ食堂さん、建屋はムムムですが、
めちゃ激安で驚いちゃいました。
味だって普通に美味しいし、
この雰囲気がOKなら、おススメできます。
それにしても20円サービスにはびっくりしちゃいました(笑)

かねとくさんの6畳間は、狭いと言ったらそうなんですが、
布団とこたつで畳が見えないほど。
でもそれが一人でいてもなんとなくヌクヌクとしていいんです♪

お湯に拘りのある方にはどうかと思いますが、
沢渡の激熱湯だといずれにしても水を足すようですから、
それなら最初から調節してあり快適に入れた方がありがたい。
そんなお湯ですので、お風呂に浸かっているかお酒を飲んでるか(^-^;
一人旅ならではの醍醐味です。

2020/04/21 (Tue) 19:08