たま~に温泉目指して旅に出ます。

記念日ディナー 宇都宮市 環坂

2020/01/09
日記 2
去年のお話。
12月が我々の結婚記念日の月と言うことで、3度目となるこちらにお邪魔しました。

s-PC070004.jpg

〒320-0004 栃木県宇都宮市長岡町160-4
TEL.028-600-1819
営業時間/ランチ 12:00~・13:30~(水~金曜日)、
         12:00~・13:40~(土・日・祝祭日)
     ディナー 18:45~(水~金曜日、土・日・祝祭日)
ランチ・ディナーともに完全予約制
定休日/月・火曜日 ※定休日が祝日の場合は営業
席数/8席
駐車場/8台

s-PC070005.jpg

シェフに招かれ、フレンチをいただく和風空間に踏み入れる。

s-PC070012.jpg

カウンターのみ8席に用意されているのは、なんとまたしても我々一組分だけ。

s-PC070013.jpg

席について見えるのは落ち着いた和の設え。

s-PC070006.jpg

料理が運ばれる前のセッティング。
フレンチではあるべきはずのナイフとフォークが、ここには存在しない。
料理は最後まで箸でいただく。

s-PC070008.jpg

今宵のメニュー。

s-PC070007.jpg

スタートはスパークリングワインから。
女房殿はノンアルコールの赤ワインを。運転手だからね、すまぬm(__)m

s-PC070010.jpg

南瓜とコーンの小さなフラン

s-PC070014.jpg

南瓜とコーンの甘み、そしてコーンの香りが鼻腔をくすぐる。
この下にフワフワのフランが隠れています。

s-PC070016.jpg

重厚な木の器にのった前菜の登場。

s-PC070018.jpg

フクラギの冷燻製
フクラギとは、体長が500~1000gに成長した鰤の子どものことだそう。
身が柔らかく、口の中でふわっと香る燻製のスモーキーな香りが抜群。

s-PC070019.jpg

若狭カレイのチーズ焼き
チーズを纏った薄手のカレイがパリパリに焼かれていて、いい食感。
香ばしいチーズが食欲を誘って、こりゃたまらん。

s-PC070020.jpg

栃木県壬生町にあるベジファームの野菜達
10種類くらいの野菜がてんこ盛り。酸味の効いたドレッシングでワシワシといただく。

s-PC070021.jpg

白ワインはドイツの Josef Biffar Riesling で、昨年もいただいている。

s-PC070022.jpg

福井・越前港の穴子を使ったヴァプール
所沢市の増田さんが育てたほうれん草とその餡を添えて

s-PC070023.jpg

ふわふわの穴子にねっとりとした濃厚なほうれん草の餡、
その下にはちょいと酸味、そしてバジル香る、抜群に美味しいホワイトソース。
その中に軽くソテーされたほうれん草が隠れています。

s-PC070024.jpg

ソースはこれで拭って最後まで召し上がれ、と。
これがまた相性が抜群なんだもんな♪

s-PC070025.jpg

白金豚のパテ パン粉つけ焼き

s-PC070026.jpg

ミンチ状の白金豚にパン粉を塗して焼き上げたもの。
極上のデミグラスソースにマスタードもかかっていて、ピリッと美味しい。
添えられているのは紫芋で、表面がカリッと焼かれ、中はフワフワ。

s-PC070027.jpg

赤ワインは、フランスの Clacson Pinot Noir Nouveau 2019。

s-PC070028.jpg

林檎の木で蒸し焼きにした醤油麹漬けの宮崎県産黒樺牛

s-PC070030.jpg

ここでメインの登場。
ミディアムレアに焼かれた黒樺牛は、軟らかくジューシー。
たっぷりの山葵と鰹のジュレで、味わいは案外さっぱりとしている。
付け合わせの野菜は芽キャベツ、ししとうに蕪、それと塩蒸しにされた人参。
こちらもジュレで美味しくいただける。

s-PC070031.jpg

メインと同時に運ばれてきた、蓮根入り炊き込みご飯。

s-PC070032.jpg

前回同様最後は、1.このまま食べる、2.カレーをかける、3.出汁をかけて茶漬けにの三択で。
少し濃いめの出汁をかけて食べる、極上のお茶漬けを選択。

s-PC070036.jpg

これはワインではありません、ご飯を食べながら日本酒をいただいていました。

s-PC070035.jpg

福小町という清酒の醸造元、秋田県の木村酒造が醸す純米吟醸角右衛門 2019 Extra Edition。
まったく聞いたことのないお酒だけど、秋田県産美山錦を100%使った、日本酒度+4.5の辛口のお酒。

s-PC070033.jpg

最後のデザート。

s-PC070037.jpg

奄美大島産アップルマンゴーの氷菓
濃厚なアイスクリームだけど、ワインのジュレとともにさっぱりといただける。

s-PC070038.jpg

場所をティルームに移して。

s-PC070042.jpg

おめでとうございます、と仰りながら小菓子が運ばれてきた。

s-PC070039.jpg

その後淹れたてのお茶がサーブされて。
私は宇都宮にあるハーバルショップ、ラリシェスボタニクが作ったハーブティを、
女房殿は環坂ブレンドの珈琲をそれぞれいただきました。

s-PC070046.jpg

今回もたまたま二人の貸切になってしまったが、
この時季通常なら予約が取れないことも多い環坂さん。
落ち着いた空間でいただく、和テイストたっぷりの個性的なフレンチ。
極上の料理でいい記念日となりました。ごちそうさま。
関連記事
kazz
Author: kazz
基本的には宿が好き。
だから美味いもんが食べられれば、
温泉じゃなくても行っちゃうよ♪

コメント(2)

There are no comments yet.

kabira  

やっぱり素敵

結婚記念日 おめでとうございます(⋈◍>◡<◍)。✧♡

素敵ですね
記念月にお食事をしようと 素敵なお店で・・・・・
我が家もって思うけど やっぱりうちはナイかなぁ~

奥様も素敵ですね
ここがまず違うもん
えぇぇぇぇぇ 私も飲みたいんだけどってなってしまう(泣笑)
で じゃあ 二人して我慢するかか
電車で行こうかになるかぁ~
なので たまには 奥様を見習ってみようかなぁ~と思いました

きっと素敵なおしゃべりをしながら素敵な時間が流れていらっしゃるんだろうなぁ~って
思います
美味しいお食事に 素敵な空間
ほんと記念日にピッタリですね
前菜から 食べてみたくなります

2020/01/10 (Fri) 18:14
kazz

kazz  

To kabiraさん

kabiraさん、こんにちは。
コメントをありがとうございます。

記念日に託けて美味しいものが食べたかったということなんですけどね。
誕生日と結婚記念日くらいしかできませんものね。
女房殿は普段は殆どお酒を飲まないので、苦痛ではないみたいです。
でも、せっかくの料理だから好きな赤ワインの一杯くらいは飲みたかったと思います。
田舎に住んでいると車がなければ移動の手段はありませんから仕方ありません。
美味しい料理、こった料理を前にすると、。
環坂さんは和テイストのフレンチなので、見た目と味が違ったり、
この料理はどういうものだろうとか、この素材は何だろうとか、
そういう会話が楽しいですね。

2020/01/11 (Sat) 11:23