たま~に温泉目指して旅に出ます。

2019年 旅のおもひで

2019/12/30
日記 6
相変わらず中身の濃ゆ~い一年が、すごいスピードで過ぎようとしている。

さて、今年も多くの温泉宿に出かけることができました。
総集編で一年を振り返ります。

1月 栃木県日光市
奥日光湯元温泉 奥日光 森のホテル

s-1月-1

白い濁り湯が美しい硫黄温泉。香りを体に纏って家までお持ち帰りするほどの濃厚さ。
夕食は平凡ながら、朝食のバイキングが品数豊富でとっても魅力的。

s-1月-2

2月 長野県松本市
美ケ原温泉 御宿 石川

s-2月-1

クセがなくさらっと美しいアルカリ性単純温泉。源泉温度が42.8℃という適温湯。
素朴で優しく、そして美味しい料理が体の中から癒してくれる。

s-2月-2

3月 宮城県蔵王町
遠刈田温泉 オーベルジュ 別邸山風木

s-3月-1

薄い緑色がかったお湯は、ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉で、しかも掛け流し。
和のオーベルジュを標榜するその料理は、まさしく絶品。朝食もめっちゃ豪華で。

s-3月-2

3月 山形県米沢市
湯の沢温泉 時の宿すみれ

s-3月-3

湯力は弱めでも肌に優しい単純温泉。湯温が26℃と低いので温めてはいるのだが…。
米沢牛のいろいろな部位がいただける極上のお肉宿。定番の朝食も間違いなし。

s-3月-4

4月 群馬県みなかみ町
月夜野温泉 みねの湯 つきよの館

s-4月-1

心癒されるアルカリ性単純温泉。源泉28℃と低めの沸かし湯ながら、絶景を望む湯浴みは抜群。
低料金にも拘らず、朝夕丁寧に作られた食事には驚かされる。料理長さん、さすがです。

s-4月-2

4月 福島県塙町
湯岐温泉 山形屋旅館

s-4月-3

岩から涌き出る泉温39.3℃のアルカリ性単純温泉。トロットロの極上温湯が堪能できる。
夕食、朝食とも湯治宿らしく質素。しかし福島の地酒ラインナップがマジ素晴らし過ぎ。

s-4月-4

4月 群馬県草津町
草津温泉 シーダーロッジ

s-4月-5

泉温94.5℃の極熱強酸性温泉。湯温が44℃でもその熱さを感じさせない不思議なお湯。
夕食は極旨フレンチのフルコースで、朝はめちゃ旨和食。ここの朝食が一番好きかも。

s-4月-6

5月 福島県下郷町
湯野上温泉 温泉民宿にしきや

s-5月-1

源泉54℃の単純温泉で到着時は湯温42℃くらい。その後は浸かれる限界を越えた激熱湯に。
会津伝統の味を楽しめる夕食と、素朴ながら十分満足できる朝食は好感度高し。

s-5月-2

6月 群馬県みなかみ町
谷川温泉 檜の宿 水上山荘

s-6月-1

大きな古代檜の湯船に満たされたアルカリ性単純温泉は、3本の湯温異なるお湯をブレンド。
見た目は地味ながら一品一品手の込んだ料理は、朝夕共にとても美味。

s-6月-2

6月 茨城県常陸太田市
横川温泉 中野屋旅館

s-6月-3

源泉13.2℃のアルカリ性単純硫黄泉でPhは10.1。沸かし湯とは言え空前絶後のトロトロ具合。
地元の方々で賑わう中規模旅館で食事はごく普通。夕食の奥久慈軍鶏鍋が美味かったな。

s-6月-4

7月 神奈川県箱根町
仙石原 箱根久織亭

s-7月-1

白濁のお湯を期待したがほぼ透明で湯温は42℃くらい。狭くても部屋風呂が心地よし。
若き料理長によるアイデア満載の料理は、見た目だけではなくお味も良好。

s-7月-2

7月 群馬県東吾妻町
松の湯温泉 松渓館

s-7月-3

源泉32.4℃のカルシウム硫酸塩温泉。そのお湯が独特な形状の湯船にそのまま満たされている。
朝食は湯治宿らしいシンプルな内容。夕食は素朴で美味しく、しかもボリューミー。

s-7月-4

9月 群馬県中之条町
沢渡温泉 かねとく旅館

s-9月-1

源泉55.1℃と沢渡のお湯は熱い。こちらは加水しているので、ベストな湯温で入れます。
朝夕とも女将さんの心のこもった手作り料理には、はっきり言って惚れちゃいました。

s-9月-2

10月 静岡県伊東市
宇佐美温泉 ホテルふたり木もれ陽

s-10月-1

赤褐色のナトリウム・カルシウムー塩化物温泉は泉温100℃。冷泉で温度調節し快適に入浴。
夕食はフレンチで、インクルーシブだから当然飲みすぎ。和洋選べる朝食は体に優しくて◎。

s-10月-2

10月 静岡県伊豆市
湯ヶ島温泉 arcana izu(アルカナ・イズ)

s-10月-3

泉質はカルシウム・ナトリウム・硫酸塩温泉の掛け流し。湯温40℃で川を眺めながら心地よく。
夕食は驚愕の絶品フレンチに極上ワイン。朝食は美しく美味しいアルカナ森の中のピクニック。

s-10月-4

11月 山形県米沢市
湯の沢温泉 時の宿すみれ

s-11月-1

今年二回目。来年はどうなるかわからないので、行けるうちにと、女房殿お気に入りに。
夕食時に女房殿が「年に二回は来たいね♪」と言ってました。唯一無二、極旨のお肉宿。

s-11月-2

12月 福島県猪苗代町
天鏡台温泉 リフレッシングイン ウェルカム・ウェルカム

s-12月-1

泉温54.4℃のナトリウム-塩化物-炭酸水素塩泉を、湯量と外気の調節だけで適温にしている。
ママさんの愛情がいっぱいに詰まった食事は、毎回疲れた体を癒してくれる元気の源です。

s-12月-2

ここに紹介しただけで、去年と同じ17泊。
この他に毎年恒例従姉会で一泊。
場所は群馬のヘルシーパル赤城。中規模の宿だけど、食事などなかなか良かったですよ。

来年は1月の一泊だけのつもりだったのだけど、急遽2月にもう一泊。
3月以降は一人旅も含めて、今のところ予定を入れておりません。

さて、今年もいっぱいご訪問いただき、またコメントも多数いただきましたこと、
本当にありがとうございました。
途中、ヤフーブログの閉鎖があり、どうなることかと思いましたが、
こうしてFC2へ移行後もお付き合いをいただき、重ねてお礼申し上げます。
今年も残すところわずかですが、風邪などひかぬようお気をつけて。
それでは皆さま、よいお年をお迎えください。
関連記事
kazz
Author: kazz
基本的には宿が好き。
だから美味いもんが食べられれば、
温泉じゃなくても行っちゃうよ♪

コメント(6)

There are no comments yet.

えつたろう  

よいお年を!

Kazzさんのブログをみて行きたいなと思ったお宿に行ったりして、お世話になりました。
この一年振り返ったこちらの記事を見てまたよいな🎵と。来年も楽しみにしてます。
宜しくお願いします。

2019/12/31 (Tue) 11:23

みーしゃ  

また、来年(*^^)v

kazzさん、今年もダンナともどもお世話になりありがとうございました
17泊とは、凄いです
ウチは義母の急逝、ちーたんの急逝がありましたが
11泊と、まあまあ健闘しましたよ

今年は義母が亡くなって
喪中なので
新年は普段通りのご挨拶になります
来年もよろしくお願いいたします!(^^)!
どうぞ良い年越しを

2019/12/31 (Tue) 15:01
kazz

kazz  

To えつたろうさん

えつたろうさん、こんにちは。

今年はたくさんのコメントをありがとうございました。
FC2に移行してからも変わらずお付き合いいただき、嬉しく思っております。
来年は昨年、そして今年ほどの回数は難しいかもしれませんが、
一人旅を中心に更新できたらと思います。
来年もよろしくお願いします。
良いお年をお迎えください♪

2019/12/31 (Tue) 16:11
kazz

kazz  

To みーしゃさん

みーしゃさん、こんにちは。
コメントをありがとうございます。

こちらこそお世話になりました。
私の旅も17泊のうち一人旅が6泊。
来年以降の布石ともいえる旅になりました。

今年の蕨屋家は本当に大変な一年でしたね。
夏以降はそれこそ試練の連続で。
そんななか徐々に日常を取り戻され、旅にお出かけになり、
またレポを拝見できるようになって、私も嬉しく思っております。

来年がよい一年になりますよう祈念しております。
どうか良いお年をお迎えください♪

2019/12/31 (Tue) 16:20

鴨ミール  

kazzさん、こんばんは~。
今年も沢山宿に行かれましたね。
どこも素晴らしい宿ばかりで、
kazzさんの宿選びのセンスの良さが
とってもよく出たラインナップですね。
ブログの乗り換えも上手くいって、
充実した1年でしたね。
来年もレポを楽しみにしています。

2020/01/01 (Wed) 00:10
kazz

kazz  

To 鴨ミールさん

鴨さん、あけましておめでとうございます。

昨年、一昨年と数多くの温泉に浸かることができて
そこだけはとてもいい年になりました(笑)
新規宿が8軒、そのうち一人旅での新規が5軒と、
やっぱり二人で出かけるところは圧倒的に再訪宿になってしまいますね。
そう言う意味では鴨さんが再訪宿に傾倒するのも十分頷けます。

今年は私もなかなか出かけられないと思いますが、
一人旅中心になるべくブログアップできるように、
チャレンジしていきたいと思っています。

本年もよろしくお願いします。

2020/01/02 (Thu) 10:04