たま~に温泉目指して旅に出ます。

arcana izu(アルカナ・イズ) 到着~部屋編<2019年10月>

2019/12/16
arcana izu(アルカナ・イズ) 6
修善寺からは車でおよそ20分。湯ヶ島にある本日のお宿。

s-PA060323.jpg

この大きな門の前でスタッフさんが待ち構えていて、
到着するや否やすぐに我々のもとへ。
その後はキーを渡し、バレーサービスで車は駐車スペースに。

s-PA060324.jpg

〒410-3206 静岡県伊豆市湯ヶ島1662
TEL.0558-85-2700
チェックイン/15:00 チェックアウト/11:00(通常13:00)
部屋数/全16室

丁度、テレビ東京のアド街ック天国『伊豆天城』で紹介されていたっけ。

s-PA060325.jpg

門を潜ると薪ストーブのお出迎え。時期的にまだ少し早かったかな。

s-PA060326.jpg

通り過ぎたところに薪が積み上げられていた。
ストーブはここで待機しているスタッフさん用かな。

s-PA060322.jpg

こちらは別棟のレストラン。
オーベルジュだけに夕食が楽しみだ♪

s-PA060328.jpg

こんな感じの宿泊棟が3棟並んで建っています。

s-PA060327.jpg

我々の部屋は上の写真左側の棟にある。

s-PA060329.jpg

一階の一番奥がその部屋になります。

s-PA060330.jpg

エントランスを入ってからすでに異空間ではあるが、
この扉はと言えば、さながら非日常への入口と言えそうだ。

s-PA060319.jpg

光を表す模様とともに今回の部屋番号の15。
スタッフさんに案内されて非日常の空間へと入ります。

s-PA060320.jpg

今回の部屋は river wing SUITE。広さは74.9㎡。
アド街で紹介されていた部屋と同タイプで、目の前は狩野川の清流。

s-PA060301.jpg

まずはこちらのソファで寛いで。

s-PA060313.jpg

別のスタッフさんがウェルカムドリンクを持ってくる間、
部屋に入るなりまずスタッフさんが見せてくれたのが、この夕食メニュー。
さすがはオーベルジュ。

s-PA060273.jpg

アルカナさんにはパブリックスペースがありませんので、チェックインも部屋で。

s-PA060274.jpg

ドリンクはスパークリングワインだったかな。
それとクッキーにタルト。

s-PA060275.jpg

テーブルの上に雰囲気のある革製の箱が置いてある。

s-PA060303.jpg

その中には色鉛筆と原田マハさんと言う方の「さいはての彼女」という本。

s-PA060304.jpg

新潟に絵描きの宿と言うリバーサイドの宿があるけど、
アルカナさんも同じように思わずペンを取りたくなる景色が臨めます。

s-PA060305.jpg

オサレなキー型のキーケース。

s-PA060306.jpg

どこまでも『arcana』仕様です。

s-PA060307.jpg

ソファの右側にあるブリックの壁がいい雰囲気を作っている。

s-PA060278.jpg

細長いワンルームの寝室部分には、分厚いマットレスのダブルベッド。

s-PA060276.jpg

これだもん、寝心地が悪かろうはずもない。

s-PA060290.jpg

ベッドの上には二枚合わせのガーゼ生地でできた良質のナイトウェアが。

s-PA060315.jpg

ベッドサイドにはライトや電話などがコンパクトにまとめられている。

s-PA060281.jpg

ソファの後ろ側にあるデスクは、かなり広々としています。

s-PA060277.jpg

部屋が少し薄暗い感じだったので、このデスクライトはいい働きをしてくれた。

s-PA060279.jpg

アルカナセレクションのCDはBOSEのプレーヤーで聴くことができます。

s-PA060280.jpg

朝、黄昏時、夜などシチュエーションに合わせたCDが、温泉マーク付きのジャケと共に。
しかも湯気が音符のおたまじゃくしになってる♪
ん? どこかでこんなコンセプトのCDに出会ったような。

s-PA070414.jpg

このデスクの下にいろいろと収納されている。

s-PA060317.jpg

引き出してみるとコーヒー、紅茶と緑茶のセット。

s-PA060318.jpg

その隣、引き戸の中には冷蔵庫があり、
中のドリンクたちはすべてが自由にいただけます。
もちろん飲兵衛にうれしいビールもね♪

s-PA060316.jpg

私のつま先が写っているここは、玄関入ってすぐ左にあるクローゼット。

s-PA070417.jpg

中は寒々しいほど広々としたスペースで。

s-PA060337.jpg

金庫やブーツホルダーなど。

s-PA060338.jpg

やっぱりこの部屋の最高の楽しみはここかな。

s-PA060293.jpg

昨日は海、そして今日は川。

s-PA060294.jpg

去年もそうだったけど、このロケーションに身も心も癒されます。

s-PA060300.jpg
関連記事
kazz
Author: kazz
基本的には宿が好き。
だから美味いもんが食べられれば、
温泉じゃなくても行っちゃうよ♪

コメント(6)

There are no comments yet.

えつたろう  

No title

わー!!
アルカナ・イズ さんに行かれたんですね!
行ってみたいお宿だったので楽しみです。
湯ヶ島は良いところですよね。
お部屋素敵!自分へのご褒美に行きたい宿です。お食事も超ー楽しみです。

2019/12/16 (Mon) 07:55

鴨ミール  

超高級宿ですね!

kazzさん、おはようございます~。
木もれ陽さんの後にアルカナイズさんですか!
ムチャムチャ豪華な転泊ですね\(^O^)/
それにしてもアルカナイズさん、素敵過ぎ。
何から何まで文句の付けようがないですね。
食事のメニューまで用意してあって、
期待が高まりますね。
続きも凄く楽しみです。

2019/12/16 (Mon) 08:06

kabira  

素敵っ

アド街ック天国 私も見てました
そして このお風呂いいなぁ~
シェフのぎりぎりまでメニューが決まらないくらい いろいろ考えてくださる料理って
楽しく美味しいんだろうなぁ~って思ってたの
あれ見たら わくわくしますよね~
って kazzさんは うんうん そうだったって感じで見てらっしゃったのかな~
どちらにしても 素敵です
記念日旅行に素敵なお宿のチョイス いいなぁ~
うちだったら絶対にあり得ないもん

この先も わくわくしながら楽しみにしておりま~す(^▽^)/

2019/12/16 (Mon) 09:47
kazz

kazz  

To えつたろうさん

えつたろうさん、こんにちは。
コメントをありがとうございます。

私にとっても憧れの宿だったので、実現できてよかったです。
修禅寺から月ヶ瀬、湯ヶ島、天城と、この辺はいいところですね。
アルカナさんだけではなく、この辺には素晴らしいお宿もいっぱいあるし。

アルカナさんはパブリックはありませんが、
部屋が充実していて、とても過ごしやすかったですよ。

この後もよろしかったらお付き合いください♪

2019/12/17 (Tue) 08:23
kazz

kazz  

To 鴨ミールさん

鴨さん、こんにちは。
コメントをありがとうございます。

木もれ陽さんからのアルカナさん。
考えてみれば贅沢この上ない選択でしたが、
今後のことを考えてね、なかなかできませんから。

憧れのお宿だったアルカナさん、
思った通りのステキなお宿でよかったです。
いきなり夕食メニューを見せられた時は、
さすがに面食らいましたが。

よろしかったらこの後もお付き合いくださいませ♪

2019/12/17 (Tue) 08:29
kazz

kazz  

To kabiraさん

kabiraさん、こんにちは。
コメントをありがとうございます。

アド街、やっぱりご覧になりましたか。
丁度紹介されていた部屋が同じタイプだったので、
思い出しながら「うん、うん」言ってました(笑)
この日は残念ながらシェフはいらっしゃらなかったのですが、
テレビで見て、そのストイックな姿勢に納得させられました。

なかなかこんな旅は出来ませんので、
今回の記念旅はかなり奮発しちゃいました。

よろしかったらこの後もお付き合いくださいね♪

2019/12/17 (Tue) 08:34