たま~に温泉目指して旅に出ます。

ホテルふたり木もれ陽 到着~館内編<2019年10月>

2019/11/25
ホテルふたり木もれ陽 5
恒例の2人分まとめてBD旅。今年もこの時がやって来た。
年に一度思いっきり贅沢しちゃおう、と言うことで。
最近は一人旅が多いもんだから、そのギャップがものすごい(笑)

圏央道を走っていると八王子辺りが渋滞しているとの掲示板情報。
道路状況を確かめるべく、いつもの狭山PAに立ち寄り休憩。

s-PA050001.jpg

ここのおにぎりは相変わらず充実しているなぁ。なんでこんなに美味しそうなんだろ。

s-PA050004.jpg

狭山茶を使ったシュークリームもそそられるし。

s-PA050006.jpg

しかし入った時から決めていました、狭山抹茶のソフトクリーム。
写真撮るよりも口の方が早かったけど(^-^; これは甘さ控えめで美味い♪

s-PA050007.jpg

で、肝心の圏央道はと言うと、やっぱり外回り内回り共に八王子を起点として渋滞中。
それでもなんとかなるさと狭山を出発したのはいいが、渋滞を抜けるのに50分ほど費やしてしまい、
当初予定していた厚木PAでの昼食は断念。
こんなことなら狭山の美味そうなおにぎりを買っておくんだった(泣)

s-PA050002.jpg

海を眺めながら熱海ビーチラインを走り、そして熱海の街を抜けて、
国道135号線から小高い山の上に向かって細い道を上っていくと、ホテルの駐車場に到着。
目の前に開ける海。そして彼方に大島が見える。

s-PA050087.jpg

〒414-0001 静岡県伊東市宇佐美3594-809
TEL.0557-52-6510
チェックイン/15:00 チェックアウト/11:00(通常12:00)
部屋数/全10室

s-PA050084.jpg

到着すると駐車場で待機していたバトラーさんが近づいてきて、
すぐに荷物を持って案内していただく。

s-PA050085.jpg

入口を入るとそこにあるのはこのエレベーターのみ。
駐車場があるのは4階で、そこからレセプションがある1階まで下りて行きます。

s-PA050083.jpg

エレベーターを降りると目の前がこのレセプション。
ここでバトラーさんから名刺をいただく。なんとなくこちらも渡さなくちゃ、と思ってしまうころが悲しい。

s-PA050088.jpg

このフロアの象徴のような大きなシャンデリアが、まず目に飛び込んでくる。

s-PA050103.jpg

レセプションの反対側にはこんなステキな館内着が。
残念なことにこれを着こなせるほどダンディではない。なのでこのままスルーします。

s-PA050089.jpg

通していただいたのはこちらのソファ。すべてがゴージャス。

s-PA050104.jpg

通されると飲み物を尋ねられ、二人ともスパークリングワインを所望。

s-PA050008.jpg

お菓子は一口サイズの無花果のタルト。

s-PA050009.jpg

ソファの後ろは地下1階で、ロビー。

s-PA050011.jpg

そのロビーからもきれいに海が見渡せる。

s-PA050101.jpg

玉子型のチェアはゆらゆらと揺れてバランスをとるのが難しそう。
痛い目に合わないためにも私は座りません。

s-PA050095.jpg

ソファもテーブルもすべてが上質。

s-PA050099.jpg

サイドテーブルの上に置かれた筒状の物体は高級そうなスピーカー。

s-PA050096.jpg

ロビー奥のスペースにはネスプレッソ。
シェルフには本やDVDなども置いてあります。なんとボヘミアンラプソディがあった。

s-PA050102.jpg

ロビー横の入口を入るとレストランを見下ろせるスペースが。

s-PA050094.jpg

さて、それでは部屋へ。
エレベーターで3階まで上がり、カーブを描いた廊下を進む。

s-PA050082.jpg

本日お世話になるのは8号室。1フロアに5室ある中のちょうど真ん中。
それではお邪魔しちゃいましょう。

s-PA050032.jpg

次回部屋のご紹介。
関連記事
kazz
Author: kazz
基本的には宿が好き。
だから美味いもんが食べられれば、
温泉じゃなくても行っちゃうよ♪

コメント(5)

There are no comments yet.

えつたろう  

最初のところだけでも、素敵!
豪華な感じ満載で、次回楽しみです。女性受けしますね!

2019/11/25 (Mon) 07:48

ちろっこ  

ウチの旦那が一番お気に入りの宿なのです。
ロケーションもお料理も、サービスも最高ですよね♪

2019/11/25 (Mon) 14:19
kazz

kazz  

To えつたろうさん

えつたろうさん、こんばんは。
コメントをありがとうございます。

さわりの部分だけでもこのホテルの雰囲気が伝わったと思います。
大人の女性好みかな?
また行きたいな、と思わせるステキなお宿でした。

2019/11/25 (Mon) 21:35
kazz

kazz  

To ちろっこさん

ちろっこさん、こんばんは。
コメントをありがとうございます。

こちらの開業当初にちろっこさんが訪れた宿泊記を読んで、
そのロケーションと宿全体の雰囲気、そして料理に、
えらく感動したのを今でも覚えています。
その当時は、まさか自分が伊豆に向かうとは考えてもいなかったので、
ある意味ちろっこさんに背中を押してもらえたのかな。

2019/11/25 (Mon) 21:43

omachi  

お腹がくちくなったら、眠り薬にどうぞ。
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。

2019/11/29 (Fri) 16:00