たま~に温泉目指して旅に出ます。

箱根久織亭 夕食編<2019年7月>

2019/10/07
箱根久織亭 4
久織亭さんのお宿情報がまだ少ない中、数人のブロガーさんによる記事を拝見。
何方もこちらのユニークで美味しそうな料理を紹介されていて、読むにつけ期待も膨らむばかり。

s-P7060036.jpg

なので夕食が待ち遠しくてね♪
最初のメニューは、HPからの直接予約特典として選べるドリンクリスト。

s-P7060086.jpg

二人とも生ビールをチョイスして、ありがたくいただく。

s-P7060087.jpg

次は料理のメニューなんだけど、書いてあるのは素材のみ。
いくつか定番の料理があるようなので、わかるものもあるけど、
どんな料理が出てくるのか想像できなくて、それもまた楽しみ♪

s-P7060085.jpg

木のトレーに石。その石の上にのって登場した最初の料理。

s-P7060089.jpg

フィンガーフードとして召し上がれ、ということでこのままつまんで一口で。
鯖は酢で締めてある。鯖の他にはとうもろこしや枝豆、そして新じゃがのペースト。
上にのっているのは自生の木の芽ということだけど、食べてみるとその正体は山椒の葉でした。
最初から凝ったメニューだね。

s-P7060090.jpg

新玉葱

s-P7060091.jpg

小田原の下中玉葱を使った冷製スープ。
葱のオイルともう一つ何かのオイル。そして素材は忘れましたがきれいな薬味。
スープ自体は新玉葱の甘みたっぷりで、お替りしたくなるほど美味かった!

s-P7060092.jpg

地鰺冷燻

s-P7060093.jpg

地鰺はレストラン内に設置されている燻製機を使って、低温で仕上げている。
もう一品は春鰹で臭みなくウマウマ。つける醤油は熊本の醸造元が醸す甘口の醤油。

s-P7060094.jpg

ここで白のハウスワインをいただく。

s-P7060095.jpg

たまご
鳥の巣のような出で立ちで登場したお宿の定番料理。

s-P7060096.jpg

この卵黄、実は人参とベーコンで作られているんだとか! どう見ても卵の黄身。
食べるときは黄身をくずして全体を混ぜてからいただく。
具材はしめじと海老、ユニークな豆乳茶碗蒸しでした。ボケボケはご容赦(^^;

s-P7060098.jpg

鮎の塩焼き

s-P7060099.jpg

いい感じの焼き上がりで、それこそ頭からガブリといけちゃいます。
緑色のルッコラソースをつけていただきました。

s-P7060100.jpg

あゆを丸ごと使ったような濃厚なパテと、お隣は甘酢茗荷。

s-P7060101.jpg

これは珍しい焼きヤングコーン。甘味噌が塗ってあり、群馬名物焼き饅頭のようだとは女房殿。
このヤングコーンの葉っぱが凄いことになっていて、
スタッフさんによると「映えるんじゃないかと思い、お持ちしました」とのことでした。

s-P7060102.jpg

角煮 菊芋

s-P7060103.jpg

豚の角煮はお肉が柔らかくて美味しい。また付け合わせの具材がきれいなんだ。
素材を詳しく聞けばよかったと、ちょいと後悔。

s-P7060104.jpg

九条葱 フォアグラ バター

s-P7060105.jpg

木株の上にのってやってきたのはミニミニバーガー。
自家製のバターミルクを使ったパンには九条葱が練り込んであり、
その手の込んだバンズにフォアグラを挟んであるという贅沢メニュー。
当然一口で食べきるんだけど、なんだかもったいなくてね(^-^;

s-P7060106.jpg

白のハウスワインを二杯いただいたところで、赤のハウスワインに変更。

s-P7060109.jpg

紋次郎

s-P7060110.jpg

仙石原にある相原精肉店から仕入れているブランド牛『紋次郎』を使用したステーキ。
脂身の少ないお肉だけど柔らかくて美味しい。そこにビーツと醤油のソースを合わせて。
上にあるのは山椒の実。それに付け合わせは沖縄県産の島らっきょうと自生のクレソン。

s-P7060111.jpg

御殿場米

s-P7060113.jpg

おちょこより少し大きめな器に、御殿場米を使ったさつま芋の炊き込みご飯。

s-P7060115.jpg

味噌汁

s-P7060112.jpg

静岡県ではよく作られている水かけ菜の漬物。これも珍しい。

s-P7060114.jpg

抹茶

s-P7060116.jpg

抹茶を使ったデザート。
抹茶のメレンゲに抹茶のムース、それに甘くない抹茶アイス。
周りに添えられたているのはプラリネと言うものだそうです。

s-P7060117.jpg

お茶菓子 石ころ

s-P7060119.jpg

確かに思いっきり石ころが出てきた。だけどよく見ると柔らかいクッキーがのっかっています。

s-P7060120.jpg

最後のドリンク、女房殿は定番のホットコーヒーを。
そして私は飲んだことのない「くろもじ茶」なるものを所望。
湯のみ茶碗に淹れられてやって来たお茶は、まるでハーブティのようなお味。
結構いけますね。

s-P7060122.jpg

OKABE料理長さん自ら、店内に飾ってあったくろもじの木を持ってきて見せてくれました。
ラフな格好にエプロンを付けて、料理長さんお若くてビックリ!

s-P7060123.jpg

見た目の奇抜さやアイデアだけでない、とっても美味しい料理でした。
次回、朝食をご紹介。
関連記事
kazz
Author: kazz
基本的には宿が好き。
だから美味いもんが食べられれば、
温泉じゃなくても行っちゃうよ♪

コメント(4)

There are no comments yet.

鴨ミール  

kazzさん、こんばんは~。

メニューはザックリしか書いていないので、
ワクワクしてしまいますよね♪
最初の「鯖」からスンゴイですね。
「たまご」もユニークですよねえ。
何度見てもたまごにしか見えない(笑)
鮎の盛り付けがダイナミック。
強烈な絵面ですね。
フォアグラバターは小さすぎ。
もっと大量に食べたいです(^^;)
紋次郎、美味しかったでしょう!
病みつきになりそうな肉ですよね。
拝見していると、滅茶苦茶食べたくなりました。

今回はあまりアルコールを召し上がらなかったのですね。
ワインがそこそこ美味しいので、
満足されたのでしょうか?

2019/10/07 (Mon) 21:23
kazz

kazz  

To 鴨ミールさん

鴨さん、こんばんは~。
コメントをありがとうございます。

想像力を掻き立てるメニューは楽しいですね。
私は和食にしてもフレンチにしても、本格的な料理ってメニューを見ても元からわかりません(^-^;
だったら素材に何が使われているか分かった上で後は想像で、の方が楽しめます。
それにしても鴨さんレポでわかってはいても、あのフェイク卵黄には驚きました。

鮎の盛り付け、凄いでしょ?
周りを見ても妥当な盛り付けなのに、私のだけが狙われたみたい(笑)
スタッフさんが私を目指して嬉しそうに運んで来ましたもん。
紋次郎は美味しかったですね。聞いたことのないブランド牛でしたがやられました。
そうそう、フォアグラバター。出てきたときは笑っちゃいました、あまりの小ささに。
でもあの濃厚さには適量なのかもしれません。
鴨さんに教えていただいたお宿ですが、是非もう一度訪れてみてください。
鴨さんのレポで私も再発見をしてみたいような気がします。

あっ、アルコールに関しましては赤白ワインを二杯ずつ飲んでますし、その前には生ビールも。
部屋でも備え付けのミニ缶2本と生ビール。相変わらずでございました(^-^;

2019/10/07 (Mon) 21:55

えつたろう  

芸術的

インパクトありますね!
素材だけのメニューもそそりましね!
見た目も、味も良いなんて、素敵✌️
さいごのデザート石にしか見えない😃
ヤーコンの葉っぱ映えます!!
見てるだけでも楽しくなる夕食ですね。

2019/10/11 (Fri) 07:59
kazz

kazz  

To えつたろうさん

えつたろうさん、こんにちは。
コメントをありがとうございます。

久織亭さんの夕食、なかなかでしょ?
見た目のインパクトはかなりのものでしたよ。
箱根は初めてでしたが、この料理でお風呂付の部屋。
コスパも素晴らしいと感じました。
機会があったら是非訪れてみてください。

2019/10/12 (Sat) 10:25