たま~に温泉目指して旅に出ます。

灯屋 迎帆楼 夕食編<2018年10月>

2018/11/15
灯屋 迎帆楼 8
迎帆楼さん神無月の夕食。



食前酒はなんと、味醂。
確かにみりんはお酒だけど、これは初めてでびっくり。



先附
あおりいかムース 雲丹クリームキャビア添え



烏賊の香りに食感、キャビアの塩味、雲丹クリームの濃厚さ、美味いです。
下にはあおさのソースも敷かれていました。
スタートからすごいものをいただいちゃった。



最初のお酒はスパークリングワインを。



前菜
秋らしい色味と設えでいい感じです♪



鶏ささみのいが揚げ、帆立と焼き椎茸 松葉串、酢橘釜サラダ
鶏ささみいが揚げは、カダイフを付けて揚げたもの。
酢橘釜サラダはずわいがにほぐし身のサラダでした。



焼茄子のピューレ和風ジュレ
焼いた茄子をピューレにし、優しい鰹だしのジュレに絡めていただく。



木曽川鮎甘露煮
木曽川名物の一つである鮎を甘露煮で。
まだわたが残っている部分があって、ほろ苦でそれもまた美味し。



サーモン柿見立て
可愛らしいサーモンの一口手毬寿司。



椀物
秋の五色椀清汁仕立て



大好物の椀物は清汁仕立てで。
紅葉麩や大占地など、お味は極上でしかも彩もよく。



二杯目はブルゴーニュの白ワインを。



旬の御造り
こちらの御造りは手が込んでいて、シンプルな刺身そのものというのが全くない。



戻り鰹の漬け、だったかな。金箔を施した豪華版。



湯剥きミニトマト コチの刺身巻き



マトウダイ
レモンポン酢だったかな?(失念)や刻み塩昆布など、三種類の味で楽しみました。



美濃けんとんの煮物
メニューにはない料理長からの一品。



焼物
はたの杉板焼き 秋の香り



薄揚げにした蓮根に、栗とさつまいもにゆきひらたけ。



香ばしく焼かれたはたの身はふっくらとして。



女房殿はここで犬山ローレライビール ヴァイツェンを。
一口いただいたけど、地ビールの癖がなく飲みやすい。
犬山市と姉妹都市のドイツ・ザンクトゴアルスハウゼン市は、ライン河畔にあるローレライの街。
木曽川をライン川に見立て、そのライン川に残る精霊伝説をモチーフにしたラベルがいい感じだ。



蓋物
海老飛竜頭 きのこあんかけ



海老の飛龍頭もきのこのあんかけも大好物。
食べ終えるのがもったいないくらい。



強肴
和牛肉と野菜しゃぶしゃぶ鍋



キレイにサシの入った厚切りのお肉と、白菜巻き、長葱に、珍しいかきのきだけも。



最後の最後にオーダーしたお酒は日本酒。
大好きな黒龍があったので、ひやおろしを一合。




食事は艶々の土鍋炊きご飯を。
お米は十月のお米として、島根県仁多産コシヒカリを使用。
月替わりなのでしょうか、拘りを感じます。



とろろご飯。
三種類の漬物(ナムル)と赤出汁の味噌汁と共に。



スタッフさんとの会話の中で、今回の還暦旅の話をしたら、
こんなプレートでデザートが登場。



水菓子
マロンムース和風パフェ



すべての料理が丁寧に作られているのがわかります。
眺望の素晴らしさは言うまでもなく、この料理をいただくために伺いたくなる、そんな極上の夕食でした。
関連記事
kazz
Author: kazz
基本的には宿が好き。
だから美味いもんが食べられれば、
温泉じゃなくても行っちゃうよ♪

コメント(8)

There are no comments yet.

ta_guri  

No title

うわ~~~なんて豪華な…。
季節感もだけど、食材を素敵に演出していてステキ♪
和牛のしゃぶしゃぶあたりで、お腹一杯になってしまいそうな予感…。
私も黒龍、大好きな日本酒!
味醂が食前酒ってなかなかないですよねぇ~。
前に新潟酒の陣に行った時に、どこだか忘れましたがとある酒蔵で、とても高級な味醂を販売していて、蜂蜜のようなまろやかな口当たりで、昔はお殿様のおやつだったとかなんとかって話を聞きました。
私は「うん、風邪引いた時に飲みたいかも♪」という心の声でした(笑)
これは朝ご飯も楽しみですねぇ(^^♪

2018/11/15 (Thu) 01:20

えつたろう  

No title

素敵な宿ですね!眺望や、お部屋も素晴らしいですが、お食事が、また
良いですね。
記念日に行けたら最高ですね。

2018/11/15 (Thu) 07:57

kabira  

No title

味醂に始まり 和風パフェまで心惹かれるものばかり~
うっとりしながら見させていただきました

このお料理をいただくために伺いたくなる・・・・・
いいですよね
いつしか 私も伺えたらいいなぁ~と やっぱり思ってしまうお宿
叶うかな? 楽しみが増えちゃった(^▽^)/

味醂といえば 岡崎SAのパンのトラで買った食パン 味醂パンでした
不思議だなぁ~って思ったけど そんな買える機会がないので買ってみましたが ふんわりしてて やっぱり口当たり甘くこれが味醂なのかなぁ~と しみじみいただきました(^_-)-☆

2018/11/15 (Thu) 09:18

kazz  

No title

> ta_guriさん

こんばんは~。

拙い写真で上手く伝わりませんが、
見た目にも美味しさがわかる、そんな料理のオンパレードでした。
前菜などには、仰る通り季節感たっぷりの演出が楽しめるしね。
感激しているうちにいくらでも食べちゃった、という感じでしたよ。

福井のお酒黒龍は、名古屋に出張の折、居酒屋で飲んだのですが、
美味しくてね。地元の料理屋にも置いてあって感動でしたが、
見かけるとつい頼んでしまいます。
しかし、食前酒が味醂と言うのは初めてで驚いちゃいました。
飲んでみると・・・って飲んだことはないけど、たぶん味醂そのものかと(^-^;

朝食編も、乞うご期待!
連投ありがとうごいま~す♪

2018/11/15 (Thu) 22:55

kazz  

No title

> えつたろうさん

こんばんは~。

距離的にも普段はなかなか行くことができませんが、
毎年このタイミングで取る休暇のときぐらい遠出をしなくちゃ。
それに記念のタイミングもありましたのでね。

とにかくこの眺望と館内の雰囲気には魅せられました。
思い切ってここを訪ねて、ホントに良かったと思っていますよ♪

コメントをありがとうございます~。

2018/11/15 (Thu) 23:03

kazz  

No title

> kabiraさん

こんばんは~。

味醂の食前酒と言う驚きからスタートした食事でしたが、
そのサプライズ具合は、最後まで続きました。
一捻り、と言っても虚を突いた感じではなく、
手が込んだ料理がとにかく感動でした。
kabiraさんはこの近くまでは来られるようですので、
是非料理と絶景を楽しみに訪れてはいかが♪

岡崎のSA下りには、名古屋出張のときに休憩で寄りました。
パン屋さんにはさすがに気づきませんでしたが、
そんなパンがあるなら食べてみる価値がありそう。
味醂って奥が深いですね!

いつもコメントをありがとうございます。

2018/11/15 (Thu) 23:12

山? 俊  

No title

こちらの板前さんは素晴らしいですね。
基本がしっかりした上に、斬新なアイデアを奇をてらうことなく使っている。
是非一度いただいてみたいです!

犬山には親戚があって近所の臨江館では法事で食事をしたり温泉にも入りましたが、逆に宿を探そうとしたことはありませんでした。
ここなら親戚の家があっても泊まりたいですw

2018/11/17 (Sat) 07:45

kazz  

No title

> 山? 俊さん

おはようございます。

俊さんの仰る通り、素晴らしい料理を出していただきました。
基本の懐石料理の中にも、少しの洋テイストが味わえたり、
お刺身一つとっても、ひと手間の工夫がされていました。
海と山とで違いますが、やえ野のお刺身を思い出しました。

本編に書き漏れましたが、お米も十月のお米として、島根県仁多産コシヒカリを使用したり、
香の物も三種類のナムルだったり、とにかくこだわりを感じました。

御親戚に顔を出されたら、お泊りは是非にww

コメントをいただき、ありがとうございました。

2018/11/17 (Sat) 09:30