たま~に温泉目指して旅に出ます。

檜の宿 水上山荘 夕食編<2019年6月>

2019/08/26
檜の宿 水上山荘 2
水上山荘さんの夕食。
豪華な宴、華やかな懐石の膳、というわけではありませんが、
一つ一つ丁寧に作られた、好感の持てる料理が供されます。

口始め 梅昆布出汁
まず、食前酒の代わりに出汁をいただく。
料理の基本となる素材をここに使うところが、
同じくみりんをいただいた迎帆楼さんを思い出した。

s-P6080067.jpg

おしながきのご紹介。
右に書かれているのはルビ(ふりがな)的な読みになります。

s-P6080113.jpg

前菜 半夏生の膳(夏越しの祓)
わかり辛い一枚になってしまったけど。

s-P6080068.jpg

鶯豆腐

s-P6080069.jpg

蕨と芹の胡麻和え

s-P6080070.jpg

諸胡瓜 金山寺味噌

s-P6080071.jpg

左が鯛の子含め煮、右が鰤の昆布寿司

s-P6080072.jpg

姫さざえ旨煮
これといった贅沢素材の使用もないし、見栄えのする一品もないけど、
すべてが生真面目で美味しい。

s-P6080073.jpg

それでは生真面目にドリンクメニューをご紹介。
まずは群馬の地ビール、谷川岳。
こちらもやっぱり川場のヴァイツェンタイプビールに限定ラベル。

s-P6080076.jpg

ビール&ソフトドリンク

s-P6080077.jpg

酎ハイ、ウイスキー&梅酒

s-P6080078.jpg

焼酎(グラス&ボトル)

s-P6080079.jpg

群馬の厳選地酒メニュー(180ml)

s-P6080080.jpg

群馬の厳選地酒メニュー(300ml)

s-P6080081.jpg

日本酒アラカルト

s-P6080082.jpg

グラスワイン&ボトルワイン

s-P6080083.jpg

ブイヨン・ド・レギューム

s-P6080084.jpg

湯葉と麦豚のミルフィーユを野菜香るスープと共に。
ミルフィーユの上にメレンゲと雲丹。いつも出てくるこの洋皿が美味しい。

s-P6080085.jpg

金魚鉢

s-P6080086.jpg

旬魚の盛り合せ。まぐろ、鱧、それといさきだったかな。
ガラスの器を金魚鉢に見立てた、涼し気な一品。

s-P6080088.jpg

付け合わせは、蓮芋、マイクロミックス、花穂、金魚草、山葵、赤芽、おごのり、スナップ豌豆。

s-P6080089.jpg

一緒に出された擂り鉢には、生海苔、梅肉が入っていて、
それをすりこ木で摺りながら混ぜ合わせ、お刺身につけていただく。

s-P6080087.jpg

最初は皆で生ビールをいただき、その後はグラスワインを飲んでました。

s-P6080090.jpg

少し前に火を入れたお釜から、いい具合に湯気が上りはじめた。
なにやらものすごくいい匂い。

s-P6080092.jpg

焼き物

s-P6080093.jpg

鮎の塩焼き。酢橘、甘酢茗荷、焼き玉蜀黍、蓼葉を添えて。

s-P6080094.jpg

冷やし煮物

s-P6080095.jpg

丸茄子の霙餡かけ。
海老、団扇南京、椎茸、陸蓮根、糸雲丹、青柚子。
うちわの形に作られたかぼちゃがかわいい。

s-P6080096.jpg

土鍋

s-P6080097.jpg

上州牛と白鰻の柳川風鍋。笹がき牛蒡、白葱、三つ葉、山椒、玉子。
玉子もあったしすき焼きかと思えば。
地元の誉れ上州牛と鰻の豪華共演。まずかろうはずがない。

s-P6080098.jpg

口替わり

s-P6080099.jpg

八海山サーモンと海月のポン酢ジュレ添え。胡瓜、マイクロトマト、防風、茗荷岳。
食事の前にさっぱりと。茗荷岳というのを初めて知りました。

s-P6080100.jpg

食事

s-P6080102.jpg

自家製いくらと醤油バターの手巻きご飯。
お釜からいい香りがしたその正体はこれ、醤油バターの炊き込みご飯。
ここにたっぷりのいくらをのせて、手巻きにはせず海苔をちぎってオンザライス。
これまた滅茶苦茶美味い!

s-P6080106.jpg

止め椀 浅蜊の赤出汁仕立て

s-P6080103.jpg

香の物
山形のおみ漬けのような漬物と、奈良漬け、小梅の三種盛り合せ。

s-P6080104.jpg

デザート

s-P6080107.jpg

小豆クリームを求肥にのせて。
キャラメルソース、アーモンド、マイクロミックスと合わせていただく。

s-P6080108.jpg

半分にして求肥で巻いていただいてみました。
器もすごいけど、このユニークなデザートの発想もお見事。
でも美味しかったですよ、これも。

s-P6080109.jpg

水上山荘さんの食事はホントに私好みで、毎度美味しく至福のひと時を過ごせます。

部屋に戻ると10畳間が合宿所状態。

s-P6080114.jpg

こんなパジャマが用意されていました。

s-P6080112.jpg

女性陣が寝ると思しき布団には、枕横に花と共に一筆。

s-P6080110.jpg

夢一輪と題する館主さんからの一言メッセージでした。

s-P6080111.jpg
関連記事
kazz
Author: kazz
基本的には宿が好き。
だから美味いもんが食べられれば、
温泉じゃなくても行っちゃうよ♪

コメント(2)

There are no comments yet.

kabira  

ほっとするスタートですね

お出汁をどうぞ~って
絶対の自信がないと出来ませんよね

そして 美味しいお出汁をいただける幸せ
楽しいスタートですね(⋈◍>◡<◍)。✧♡

美味しそうなお料理たち・・・・・・
ご飯まで楽しい
自家製イクラの醬油バター手巻きご飯
楽しいですね 絶対に美味しい~よね

で 楽しいといえば
お布団 絶対に若かったら枕投げしたくなりますよね(≧▽≦)
で ずっとずっとおしゃべりし続けられそうです(^▽^)/

2019/08/27 (Tue) 17:15
kazz

kazz  

To kabiraさん

kabiraさん、こんばんは~。
コメントをありがとうございます。

一番初めにお出汁、ってなかなかないですよね。
しかも美味しいし。確かに自信がなければできません。
できればこのだしを使った椀物もいただいてみたかったな。

水上山荘さんの料理は、どれも工夫されていて楽しいです。
普通の食材をひと手間掛けていて、えっ!?って思う料理に仕立ててあります。
そう、イクラの醤油バターご飯、絶品でしたよ。
ただのバターライスではなく、炊き込んであるのが面白い。

合宿所状態のお布団は楽しそうでしょ?
きっとkabiraさんも枕投げ経験者なんだろうな。
でも布団に寝転がったら一瞬でコロッといってしまいました(^-^;

2019/08/27 (Tue) 21:11