たま~に温泉目指して旅に出ます。

みねの湯 つきよの館 夕食編<2019年4月>

2019/05/30
みねの湯 つきよの館 2
夕食です。
前回は満喫プランを利用したので、充実の食事だったけど、
今回はスタンダードのおすすめプラン、その最初のセッティング。
料理内容はお品書きがありませんので適当です。

s-P4060044.jpg 

上の写真には写っていないけど、後から運ばれてきたお品。
箸割
穴子の稚魚であるのれそれ。ツルんとした食感が楽しい。

s-P4060054.jpg 

前菜
質素ではあるけど、きれいに作られています。

s-P4060047.jpg 

鮭といくらの麹漬け

s-P4060048.jpg 

凝った形の、海老鴛鴦と松葉銀杏
すっかり鳥になってしまった海老は、いろいろな味を纏っています。

s-P4060049.jpg 

三色団子に公魚柚子煮、花弁百合根。花饅頭は白餡が入った甘味。

s-P4060050.jpg 

向付

s-P4060051.jpg 

お造りは鮪、寒八それに甘海老。

s-P4060052.jpg 

揚げ物

s-P4060055.jpg 

天ぷらは、南瓜に蕗の薹、そしてにんじんといんげんを烏賊で包んで、さらに海苔で巻いたあられ揚げ。
今回も凝ってますよ。

s-P4060056.jpg 

焼き物 海老の西京焼き
少し冷めて硬くなっていましたが、味がよろしい。

s-P4060046.jpg 

蒸し物 甘鯛の道明寺

s-P4060058.jpg 

春香る道明寺の下には甘鯛が。優しいお味の餡がかかっていて抜群!

s-P4060060.jpg

 酢の物
蛍烏賊と山菜の酢味噌がけ。

s-P4060062.jpg 

最初にビールから入って、その後に前回同様永井酒造の谷川岳300mlをいただく。

s-P4060061.jpg 

台の物 牛鋤焼
やわらかいお肉に野菜もたっぷりと。薄味の割下は茜庵の牛すき鍋を思い起こしました。

s-P4060045.jpg 

料理を給仕してくれていた女将さんに、お土産のスモークチーズはありますかと尋ねたところ、
今回はあるとのことで食堂にいらっしゃった方皆さんに振舞っていただいた。
なんだか余計なことを言ってしまったかな(^-^;

s-P4060064_2019042922564749e.jpg 

最後にご飯と汁物。
最初に出てきたお新香は、ご飯のためにとっておいたもの。

 s-P4060065.jpg

s-P4060053.jpg 

スタンダードプランと言えど、今回も充実した内容で大満足。
さすがに前回ほどのインパクトはないにせよ、つきよの館さんの料理は素晴らしいと改めて思いました。

部屋に戻るとふかふかのお布団が敷いてあります。
最後にゆっくりとお湯に浸かって、その後は夢の世界へ。

s-P4060066.jpg 
関連記事
kazz
Author: kazz
基本的には宿が好き。
だから美味いもんが食べられれば、
温泉じゃなくても行っちゃうよ♪

コメント(2)

There are no comments yet.

みーしゃ  

1つだけ、どうしても食べられないものがありますが

Kazzさん、こんにちは(*^_^*)
つきよの館さん、美味しそうですね
わたしも、ここの宿は興味があるんですよね、前にもお話しましたけど
何といっても価格が良心的ですよね!
揚げ物が、凝っててお上品です~
1つだけ、どうしても食べられないものがあるんですよ
ここに
道明寺のアレ、、、なんです💦
桜餅も、道明寺は食べられないんですよー

2019/05/31 (Fri) 11:10
kazz

kazz  

To みーしゃさん

みーしゃさん、こんばんは。
コメントをありがとうございます。

つきよの館さんの宿泊料金は、湯治宿とほぼ同じ価格だと思いますが、
この料理はちょっと考えられないくらいいいと思いますよ。
お風呂は湯温が低いので沸かしているし、消毒もしていますけど、
熱すぎるお湯に加水するよりもいいかも、って考えています。
そう言えばみーしゃさん、道明寺苦手でしたね。
みんなそれぞれ苦手食材がありますよ。
私は貧乏性なので、とりあえず何でも食べちゃいますが(笑)

2019/05/31 (Fri) 19:17