たま~に温泉目指して旅に出ます。

みねの湯 つきよの館 部屋~館内編<2019年4月>

2019/05/27
みねの湯 つきよの館 0
女将さんに通していただいた部屋、今回はさつきの間。

s-P4060018.jpg 

ドアを開けるとスリッパが脱げるスペースがあって、すぐに3畳ほどの踏み込み。
そこに化粧台代わりの小さなテーブルと隣にタオル掛けが置いてある造りは、前回の部屋と同じ。

s-P4060027.jpg 

襖があってそこを開けると6畳一間。ここも基本的には前回同様。

s-P4060013.jpg 

反対側から玄関方向。

s-P4060014.jpg 

床の間に小さなテレビと一輪挿し。テレビの下の枕は今回も昼寝で活躍しました。
女将さんが書いたと思われる色紙に、貴重品袋が入った文箱も。

s-P4060015.jpg 

腰高の窓から見える景色は樹木がない分開けていて、この部屋の方がいい感じ。

s-P4060016.jpg 

そしてテーブル上のお着き菓子も同じくこんにゃく絹餅。

s-P4060033.jpg 

アメニティも至ってシンプル。バスタオルはこの他にも廊下に用意されています。
浴衣は大きいサイズに交換していただいたけど、ラクしたいのでずっとスウェット上下(^-^;

s-P4060017.jpg 

今回のさつきの間は、前回よりもお手洗いや洗面所に近かったので、ありがたかった。

s-P4060020.jpg 

洗面所にはボウルが3つ。タオルがたくさん用意されているのが嬉しい。
そのタオルの上方、棚の上にはハンドソープや予備の歯ブラシまであります。

s-P4060021.jpg 

それではお風呂へ。

s-P4060029.jpg 

暖簾の反対側に掲示されている効能書き。
取り敢えず今日は疲労回復と健康増進のために。

s-P4060030.jpg 

最初に入った時は、日帰りのお客さんが多くて撮影できず。
結局夕方になってしまったので、陽も傾いてしまって。

s-P4060037.jpg 

泉質はアルカリ性単純温泉でPHは9.2。泉温が28℃と低いので、加温、循環、消毒あり。

s-P4060038.jpg 

湯口から注がれているのは、水のように冷たいけど少しとろみのある源泉。
湯口手前の床から涌き出ているのが、39℃程度に沸かされたお湯。景色を眺めながらいつまでも入っていられます。

s-P4060039.jpg 

風呂から出てはチーズつまみにビールを飲んで、音楽を聴いて、温泉本を読んで、
眠くなったら昼寝して。う~ん、これはこれで人間ダメになりそう・・・。

s-P4060036.jpg 
関連記事
kazz
Author: kazz
基本的には宿が好き。
だから美味いもんが食べられれば、
温泉じゃなくても行っちゃうよ♪

コメント(0)

There are no comments yet.