たま~に温泉目指して旅に出ます。

御宿かわせみ 到着編<2018年11月>

2018/12/10
御宿かわせみ 4
自分の誕生月である11月。
既にどっぷりと還暦に浸かった感がある今日この頃、
福島市飯坂温泉を目指して、一路東北道を北上。

到着したのが14時少し過ぎたくらい。



なので、宿に併設された飯坂明治大正ガラス美術館を見学しました。
お宿に宿泊する方は、受付で名前を告げると入館が無料になります。



壊れやすいが故の美しさに惹かれるガラス工芸品。
その儚い美しさに惚れ込んで集めたコレクションの数々。



氷鉢。



花器。



ランプシェードなどなど。



なかにはアール・ヌーヴォーを代表するフランスのガラス工芸家、エミール・ガレの作品も展示してありました。





兵庫県出身の画家、田英宏の絵画常設展や、ガラス製品のミュージアムショップ、
各地の雑貨を扱うのみの市、喫茶コーナー「ぽっぺん」もありました。



今回の旅は我々二人ではないので、ここに同伴者が登場し本日のお宿へ。
通常15:00チェックインのところ、美術館の係員の方が14:30頃に、
お部屋の準備ができたので、チェックインできますと案内してくれました。



ということで、本日のお宿に向かいましょう、と言ってもここから車で1分ほど。



見事な紅葉が迎えてくれました。



〒960-0201 福島県福島市飯坂温泉翡翠の里2-14
TEL.024-543-1111
チェックイン/15:00 チェックアウト/11:00



館内に入ると、仲居さんお二人が三つ指をついてのお出迎え。
こんなの初めてだもん、何だか緊張しちゃうよね。
そして通していただいたロビー。ソファの後ろには立派な竹林の画。



お着きのお菓子はこの宿の定番らしい、塩味饅頭。
餡の周りに塩釜のような食感のかわ。そして抹茶。



目の前には、広大な一枚ガラスの向こうに広がる庭園。
水面に紅葉を写し、その上をたくさんの鴨たちが優雅に遊んでいました。



今回の旅は我々二人の還暦祝いにと、兄夫婦が定宿であるここ御宿かわせみさんに招待してくれたのであります。
関連記事
kazz
Author: kazz
基本的には宿が好き。
だから美味いもんが食べられれば、
温泉じゃなくても行っちゃうよ♪

コメント(4)

There are no comments yet.

鴨ミール  

No title

kazzさん、こんばんは~。
うわ~、かわせみさんに行かれたのですね。
いいなあ。
かわせみさんは憧れの宿なんです。
値段が高いので、
一生行けない気がしていますが・・・(^^;)

今回はお兄様の招待だったんですね。
お兄様って、
坐忘さんでプレゼントもしてくれて
いましたよね。
優しくて気配りのきく
お兄様、素敵な方ですね!
今回の豪華なプレゼント、
羨ましいです。

2018/12/10 (Mon) 22:32

kazz  

No title

> 鴨ミールさん

おはようございます。

私にとっても、ず~っと憧れのお宿でしたよ。
兄夫婦のお気に入りで、年に何度か訪れています。
お宿の接客や料理の素晴らしさを聞かされていたので、
余計に妄想で期待が高まっていました。
今回は兄夫婦の招待と言うことで、
ありがたく同行させてもらいましたが、
我々だけだとちょいと敷居が高いかな(^-^;

なかなか訪れることができないお宿ですので、
今回は感謝感謝ですね♪

コメントをありがとうございます。

2018/12/11 (Tue) 08:53

ta_guri  

No title

三つ指!!!うわ~~~…そんな事されたら深々とお辞儀をしてしまいそうです(笑)
お兄様の招待♪素敵なプレゼントですね(^^♪
我が家夫婦の兄弟は…。こんな素敵な事とは無縁だなぁ(笑)

2018/12/13 (Thu) 17:21

kazz  

No title

> ta_guriさん

三つ指ついてのお出迎え、こんなの私も初めてで・・・
思わずこっちも三つ指つきそうになりましたから(笑)
今回は還暦祝いと言うことで、すっかり兄夫婦に甘えちゃいました。
私が同じ立場でもこういったことは出来ないだろうなぁ・・・。
今回の旅はホントに感謝ですね。

2018/12/15 (Sat) 11:04