たま~に温泉目指して旅に出ます。

鄙の宿 金宇館 夕食編(1)<2016年11月>

2016/12/10
鄙の宿 金宇館 0
夕食です。
個室の食事処に案内していただきました。



ありゃっ、バッチリ女房殿が写りこんでしまったね(^-^;

お品書きはありません。
料理名など適当なのでご容赦ください。

先付
柿と占地、菊花のみぞれ和え



八寸
鮟肝、自家製塩辛、いくらのお寿司、秋刀魚の焼物、山芋のみそ焼き



蒸物
牛蒡の茶碗蒸し
牛蒡のすり流し餡、素揚げ牛蒡



この茶碗蒸しが無茶苦茶美味しかった~(^.^)

飲み物は、最初に松本の地ビールを所望。
その後白ワインをグラスでいただこうと思い、女将さんにお願いしたところ、グラスワインはないとのこと。それではおススメのボトルを、とお願いしたところ、先月蓼科で紹介していただいた、ファンキー・シャトーさんの白があるではないか。「少しお高いのですが…」とのことだったけど、是非にとオーダーしてしまった。





ファンキー・シャトーさんのシャルドネ。ちょいと濁りがあって、ホント葡萄を搾りましたっていう感じの美味しさ。決して甘くはありません。これマジ美味いですから(^_-)-☆

椀物
蕪のすり流し、ずわいがにの飛竜頭



中にずわいの身がたっぷりでしたよ。

お造り
信濃雪鱒



普通の鱒と違って、鯛のお造りのように白い。白いから雪なんですね。
女将さんが教えてくださいました。
関連記事
kazz
Author: kazz
基本的には宿が好き。
だから美味いもんが食べられれば、
温泉じゃなくても行っちゃうよ♪

コメント(0)

There are no comments yet.