たま~に温泉目指して旅に出ます。

オーベルジュ 別邸山風木 館内編<2017年2月>

2017/02/18
オーベルジュ 別邸山風木 0
それでは少し館内を散策。

フロントを過ぎると左手に酒蔵が見えてきます。
食事の時には、指定された飲み物であれば好きなだけいただくことができるので、こちらに鎮座しているのは十四代などの銘柄品やボトルワインなど有料のお酒。



その前にPCコーナー。赤いチェアがオサレ。



椿ラウンジの前にはライブラリが。



フリーでいただけるコーヒーや、写ってはいないけど煎餅などもありますよ。



建物が池を囲むように建っているので、通路も館内をぐるりと巡っています。
こちらは部屋の前からお風呂方向。突き当りにはドリンクの自販機が。





壁にはコルトレーンなどジャズのLPレコードがディスプレイされています。





玄関からフロントと反対方向にはお土産処。
狭い空間に所狭しと魅力的なお土産品が並べられていますよ。






この辺でお風呂の紹介を。

まずは到着時に男湯だった「風と木々の湯」。
洗面所と脱衣所を。





洗面所左端には鍵付きの貴重品入れがあって便利ですね。

こちらは上がり湯。もちろん温泉でしょう。



土団子サウナがありますが、入ってみたら室温35℃。だめだこりゃ( ;∀;)



そしてサウナ用の冷水。



洗い場は冷水の甕の横に一か所と反対側に二か所。



このお風呂、前面のガラス扉が4月中旬頃からフルオープン、半露天風呂になっちゃいます。



小ぶりな浴槽に41℃前後のお湯が満たされ、サイコーに気持ちがいい。
背もたれの部分にお湯が流れていて、半身浴がまた心地いいのだよ(^.^)



食後からは男湯と女湯がチェンジ。
洗面所や脱衣所はあまり変わりはないかな。





翌朝に入った時の画像。
まずは内湯。少し熱めのお湯ですが、それでもおそらく42℃くらいでしょう。



こちらの「月と風の湯」、ウリは何と言っても露天でしょう。こちらは温めの適温(^^)



夜も雰囲気バッチリでしたよ。



少し緑がかった源泉が、適温でかけ流されています。



そして空いていれば自由に入れる貸し切り風呂。



「空いています」のプレートをひっくり返し、中から鍵をかけて。

洗面所。



こんなアメニティも。



洗い場は一人用。



湯船は二人で入っても全然余裕の広さ。




関連記事
kazz
Author: kazz
基本的には宿が好き。
だから美味いもんが食べられれば、
温泉じゃなくても行っちゃうよ♪

コメント(0)

There are no comments yet.