たま~に温泉目指して旅に出ます。

オーベルジュ 別邸山風木 夕食編<2017年2月>

2017/02/21
オーベルジュ 別邸山風木 6
2食1泊付と謳うオーベルジュの夕食。

席は去年と同じ、カウンターでしかも冷蔵庫の目の前。
確信犯(^_-)-☆  





メニューから。



ドリンクメニューも。



それぞれの料理に合うおすすめのお酒もメニュー上で紹介。



今回の料理は「山風木10周年プラン」。

まずは乾杯のお酒。
スパークリングワイン「アンジュエール ブリュット(スペイン)」




「蔵王 彩の前菜」



・海老真丈 ・牡蠣の肉巻き ・長芋のクリーム焼き



・べっこう卵 ・胡麻豆腐の田楽味噌 ・鶏市松



・海鮮酢の物
そしてメニューには載っていない一品は、はまぐりの香草焼きのようなもの。これがまたウマウマ。



・鰤大根
美味しいけど、結構なボリューム。



・蔵王産油揚げの三つ葉和え



前菜から贅沢に10品。そのすべてが美味いんだ♪

「お造り」
寒ブリ、甘海老、ハタの漬け。
メチャクチャ美味い(^.^)



おばんざいコーナーがあって、好きなものを好きなだけ。
と言ってもそこは後のことを考えないとね。

左上から、秋冬限定手作りおでん、玉こんにゃく、山風木名物肉じゃが、仙台湯葉のおからサラダ、蔵王産野菜のスティックサラダ。
下段左から、蔵王産サラダ蕪の素揚げ 七日原高原大根おろしたれ、蔵王産トマトのサラダ、蔵王産レタスのゴマ油と韓国のりの和え物など。



カメラを構えたら、スタッフさんが開けて見せてくれました。



で、結局少しずつだけど5種類も取ってきちゃう始末(^-^;

山風木名物肉じゃが



蔵王産レタスのゴマ油と韓国のりの和え物



蔵王産サラダ蕪の素揚げ 七日原高原大根おろしたれ



秋冬限定手作りおでん



玉こんにゃく



この辺で飲み物を日本酒に変更。
まずは初めて見かける「赤武 NEW BORN(岩手県盛岡市 赤武酒造)」
メニューには日本酒について細かく記されています。



赤武酒造は元々、震災で被害が大きかった大槌町にあった酒蔵。
そしてこの酒蔵も津波によって流出。それでも2013年に盛岡市内で「盛岡復活蔵」として再起したそうです。
このお酒がまた旨いんだ。日本酒度+2となっているから、適度な辛口なんだろう。フルーティでも甘くないから飲みやすい、これは好みですな。

「鍋物」
仙台牛テールスープで食べるせり鍋。
名取市にある三浦さん家のせりを使用。朝採れの新鮮な有機・無農薬で育ったせりだそうですよ。
インパクトあるなー。何と言ってもこの根っこが美味い!



このせり鍋が食べたくて、山風木さんにはどうしても冬の時期に来てしまう。
仙台名物だそうだけど、他では鴨か鶏で味を出しているそう。こちらは仙台牛のテールスープ、最後の一滴まで残せません(^.^)



続いてのお酒は、これも初めての「菊勇 三十六人衆(山形県酒田市 菊勇株式会社)」。
少し甘い感じだったかな。



「お口直し」
柚子のシャーベット。



次の日本酒は「乾坤一 本生うすにごり(宮城県村田市 大沼酒造)」
日本酒度-1だけど、このお酒もフルーティで甘さを感じさせない。
手前のグラスを見ればわかると思うけど、いろいろな種類を少しずついただけるからうれしいね♪



「メイン」
スタンダードだと、5種類くらいから選べるメイン料理だけど、今回は「山風木10周年プラン」の特別料理。
仙台牛希少部位の贅沢焼肉。
左からザブトン。牛一頭から3~4kgしかとれない、肩ロースの芯の部分。
シャトーブリアン。牛一頭から600gしかとれない、腰から背中にかけてのフィレ肉部分。幻の部位とか!
右がトモサンカク。牛一頭から2kgほどしかとれない、後ろ足付け根のもも肉の芯の部分。



タレは雲丹醤油、甘口のタレに塩の3種類。基本的には塩と山葵が美味しい。でもこの雲丹醤油はバカ旨だったな。自分で焼いて食べるんだけど、夢中になり過ぎて肝心の画像はこれだけと言うのが情けない(^-^;

「阿部勘 純米辛口(宮城県塩釜市 阿部勘醸造)」
日本酒度+5は伊達じゃない。超辛口で旨い。



たて続けに「日高見 純米初しぼり(宮城県石巻市 平考酒造)」
メニューにはない隠し酒をマネージャーさんが出してくれました。
フレッシュでさっぱりと爽やか。日高見は基本的に好きなんだな(^^)



「お食事」
こちらもスタンダードだと3種類くらいから選択するのだけれど、今回のプランは仙台牛の炊き込みごはん。
今回のプランのテーマは仙台牛。
そもそも仙台牛って、「全国で唯一、肉質等級が最高の5に格付けされないと呼称が許されないブランド牛肉」なんだそう。旨いに決まってますわな(^^♪





そしてまだ飲んでました。
「大七 純米生もと 寒おろし(福島県二本松市 大七酒造)」
生もと造りを得意とする福島の酒蔵による銘酒。



終了まであと1分ありますよ、と言っていただいたのでおかわりを(^-^;
「浦霞 純米原酒 塩竈まうで(宮城県塩釜市 株式会社佐浦)」
地域限定、塩釜小売酒販組合限定のお酒だそうです。



いやー、飲んだなぁ、自分でも呆れるほど飲んだ。
せっかくのオーベルジュを、去年に続いて「居酒屋 山風木」にしちゃったな。

「デザート」
濃厚クリームブリュレ



今回も大満足の夕食でありました。

フルーツのお土産を持って部屋に戻ります。



関連記事
kazz
Author: kazz
基本的には宿が好き。
だから美味いもんが食べられれば、
温泉じゃなくても行っちゃうよ♪

コメント(6)

There are no comments yet.

ta_guri  

No title

こんにちは~。
こちらのお宿、物凄く魅力的ですねぇ♪
我が家は日本酒が大好きなので、とてもそそられます(^^♪
美味しいお酒にお料理にお風呂に…。
これは次回の長期休暇の時の旅行の候補にぜひしたい!と、思う所になりました。

2017/02/22 (Wed) 10:33

kazz  

No title

> ta_guriさん
こんばんは~♪
山風木さんは絶対オススメですよ。
館内の雰囲気もいいし、お湯も源泉掛け流し。オーベルジュだけあって、料理はとにかく◎\(^^)/
そして何よりもスタッフさんが、とてもフレンドリーな対応をしてくださいます。チェックインからアウトまで、心地よく過ごせるので、毎年のように通い続けてますよ♪

2017/02/22 (Wed) 22:39

ジャスミン  

No title

はじめまして ジャスミンと申します。
更新楽しみにいつも拝見させて頂いております。
読み逃げ常習犯の私ですが、冷蔵庫の前のカウンター席「確信犯」についコメしたくなってしまいました^^
フリードリンク制ですからあの席が一番ですよね うふふっ(^_-)☆バチッ

2017/02/23 (Thu) 09:15

kazz  

No title

> ジャスミンさん
ジャスミンさん、こんばんは。
いつも「いいね」をありがとうございます。また、今回はコメントまでいただき、ホント嬉しいです(^^)
ジャスミンさんのアメブロはいつも拝見させていただいてます。
そう言えば、ジャスミンさんも「あの席」で夕食を召し上がっていましたよね。ホント山風木さんの夕食を一番楽しくいただける場所だと思います。スタッフさんとの会話も楽しめますし。
アメブロで紹介されていた美や川さん、私も2011年に訪れていますが、あの女将さん、おっとりしていてとてもいい方なんですよね。Wブッキングの件はいただけませんが、お宿はとてもよかったですよ。

2017/02/23 (Thu) 22:32

鴨ミール  

No title

kazzさん、こんばんは~。
山風木さんの夕食は物凄く美味しそうですね。
写真もとても美味しそうに撮れていて、
目が釘付けなってしまいました。
最後のデザートまで手抜き無しですね。
こんだけ充実料理だと、
おばんざいまで手が回りそうも無いです。

それにしても、フリードリンクは
嬉しいですね。
kazzさんのように沢山飲める方なら、
物凄い数のお酒が飲めますねえ。
居酒屋山風木さんには笑ってしまいました。

2017/02/23 (Thu) 23:32

kazz  

No title

> 鴨ミールさん
鴨さん、こんばんは~♪

山風木さんは、ホントおすすめのお宿ですよ。鴨さんのご自宅からは距離があるとは思いますが、すみれさんや、アアルトさんあたりとカップリングしての旅は最高でしょうね♪ 米屋さんなんかもいいかも~(^.^)

私の大阪出張も今日で3日目になります。
今回初めて予約投稿と言うのを使ってみました。この後山風木さんの最終回をお届けしますね。

いつもコメントをありがとうございます。

2017/02/24 (Fri) 22:45