たま~に温泉目指して旅に出ます。

和泉屋旅館 風呂編<2017年9月>

2017/10/16
和泉屋旅館 4
今回の旅の目的は、何と言ってもお湯。
福島県内でも三か所ぐらいしかないと言われる自噴泉。
お湯が空気に触れることなく湯船に注がれ、
かけ流されてゆく。
その新鮮なお湯に浸かってみたい!
と言う欲求を満たす旅となります。

廊下にあったダイエットマシーンから
さらに奥に進むと、混浴の鹿の湯があります。
何故だか唐傘が宙に浮いているけど(^-^;



更衣室はこんな感じ。
男女別に別れていて、中で合流。



洗い場は一か所のみ。



すでに入浴中の方がおられます。

初日はこの鹿の湯に三度入ったけど、
三度ともご一緒した一回り年上のオジサマ。
とても話好きなもので、
一度入ると一時間近く浸かることになります。



というのも、こちらの泉温はおそらく38℃程度。
このオジサマもマグボトルに水を入れて、
尚且つラジオまで持参して入浴しておられました。
皆さん1~2時間は入浴されているのだとか。

段差があり、一段高くなったところは幅も広いので
寝湯のように浸かることも可能。

奥にある湯舟は加温されているとのことですが、
入ってみるとあまり温度の差を感じなかった。



逆側から見たところ。



お湯が外から注がれていないので、
波紋がなく鏡のように周りを映し出すお湯。
浴槽の縁まで回りの景色を映しているのは、オーバーフローしているから。

私が風呂からあがろうとするとオジサマが
「何だ、もう出ちゃうんか」と仰る。
「最初ですから、まずは軽めに」
と言っても45分も浸かってましたから。
そんなことを言いながら、
オジサマも一緒に出てきちゃいました。

ならば、とカメラを手に湯船を撮ろうとすると、
「あと2、3分待て。そうすると波紋が消えてキレイになるから」
とオジサマが教えてくれてた。
その結果がこの画像です。

「俺モデルになろうか?」
丁重にお断り申し上げました(^-^;

自噴したお湯はこの中に溜まり、
そのまま湯船の底から出てくる。
そして湯船の外へとかけ流されてゆく。

浴室内、このお湯が溢れているから
滅茶苦茶足元が滑る。ホントに危ないから。



このお湯は温泉分析書を見ると、
PH9.6、泉温37.2℃となっていました。
とにかくヌルヌルトロトロの極上湯です。

あの大震災の影響で湯温が上昇してしまったとのこと。
それでも浴槽内は38℃程度。翌朝はもっと温かったな。



奥に見える祠は、このお湯に浸かって
医者に見放された病が治った爺様がお礼に建立したという。
これもオジサマに教えていただいた。



混浴の鹿の湯、ご婦人と一緒になることは
一度もありませんでした。

それではもう一か所のお風呂へ。



元混浴の八幡の湯。
脱衣所。こちらもこの通り。



今は浴槽を半分にして男女別のお風呂になってます。



少し加温された源泉(と言っても39℃くらいかな)が、
やはり浴槽内のパイプから注入されているようだ。
浴感は鹿の湯に軍配と感じた。

後付けされたこの壁の向こう側が婦人専用風呂。



右手には裏山のような景色が広がっています。
半分にされた湯船は広くはないけど、
窓が大きく景色もいいので閉塞感はあまり感じない。



この洗い場のシャワー、何か違和感を感じませんか?
そう、蛇口がないのです。
温度調節もなく、栓をひねるといきなりシャワー。

それもそのはず、シャワーからは適温のトロトロ源泉が出てきます。
なもので、洗い場はこちらばかり使用していましたよ。



いや~、噂に違わぬ極上湯を満喫させていただきました。
滞在中に6回、一回当たり45分くらい浸かってました。

そして当然♪
今回はクーラーバッグにビールをたっぷり入れて、
マイグラス持参で訪れましたからね。



関連記事
kazz
Author: kazz
基本的には宿が好き。
だから美味いもんが食べられれば、
温泉じゃなくても行っちゃうよ♪

コメント(4)

There are no comments yet.

ちろっこ  

No title

以前白馬に行った時に、pH9.0以上の強アルカリ泉に浸かった事があるのですが、その時、酸性じゃないのに肌にちょっとした刺激を感じたんです。
ここのお湯はそんな感じありましたか?

大浴場のパネル写真の小ささが何とも言えないですね(笑
なんかほのぼのします。

2017/10/16 (Mon) 21:44

kazz  

No title

> ちろっこさん

こんばんは~。
ここのお湯はホントにマイルドで、肌に刺激を感じるようなことはありませんでしたよ。人によるのかもしれないので、すべてOKとは言えないですが。

大浴場のパネル、よく気がついちゃいましたね(笑)
私はまるで気にかけていなかったので。でもパネルもきっと喜んでいるに違いない♪

いつもコメントをありがとうございます~。

2017/10/16 (Mon) 22:29

ちろっこ  

No title

> kazzさん
なるほど、こちらのお湯はマイルドなのですね。
白馬のお湯はなんだろう、湯ざわりも普通の強アルカリ泉とはちょっと違うような気がしました。

パネル、銭湯の富士山みたいな効果を期待してでしょうか。ならもうちょい大きいのを。。とは思いますが、この控えめな感じがたまりません。

2017/10/17 (Tue) 21:50

kazz  

No title

> ちろっこさん

こんばんは~。
旅行記の更新お疲れさまでした。
私も同じ年の秋に出掛けたので、懐かしく拝見しました。

和泉屋さんのお湯は柔らかくて気持ちよかったですよ。所謂強アルカリ泉らしく、ヌルトロで。しかも温湯ですから。

あのパネルに余程嵌まったみたいですね(笑) ただ立て掛けてあるだけで、私は殆ど気に留めていなかったんです。

2017/10/17 (Tue) 23:08