たま~に温泉目指して旅に出ます。

三水館 到着~部屋編<2017年10月>

2017/12/04
三水館 6
台風の割には風雨もさほど強くなかったので、
無事に山を下り本日の宿に到着。

〒386-0322  長野県上田市西内1866-2
TEL.0268-44-2731
チェックイン/14:00 チェックアウト/10:30



土日は半年先までまず予約が取れないという、人気のお宿。
ブログ界の大先輩、鴨ミールさんも昨年泊まられていました。
Twitterの友達とは、なんと1週間違いのニアミス。
やはり台風の中お泊りされていました(^-^;



夏場は鬱蒼とした緑に囲まれて外観が見えないようですが、
この時期はなんとなくわかりますね。



玄関脇には屋外ラウンジ。
暖かい季節にはいいですね。




フロントで記帳を済ませ、部屋に通していただきます。



泊まった部屋は、鴨ミールさんと同じ「休石」。



角部屋の和室には、すでにこたつが出ていました。
何でも「エアコンが故障して使えない」ため、急遽の出動とのこと(^-^;
でもぬくぬくと心地よかったですよ。♪



テーブルの上にはお着き菓子のタルトが。



これが滅茶苦茶美味しいタルトでしたよ。



もう一方の部屋にはベッドがあります。



それとテーブルにチェア。



水屋には流しにお茶セットなど。
翁まんじゅうという温泉饅頭が置いてあり、
なかな美味しかったので、夕食の時にスタッフさんにお願いし、予約をしました。



その並びに洗面。



そしてクローゼット。



金庫などとともに、浴衣が用意されていました。



ちょうど洗面所の前あたりがトイレ。
スリッパがちょっと変わってます。



和室にあった巨大なタオル掛けが頗る便利。



窓からは雨に濡れた紅葉の景色。
奥に見えるのは、離れの蔵ですかね。



落ち着いた造りの和室で、ゆっくりと寛げましたよ。



関連記事
kazz
Author: kazz
基本的には宿が好き。
だから美味いもんが食べられれば、
温泉じゃなくても行っちゃうよ♪

コメント(6)

There are no comments yet.

鴨ミール  

No title

kazzさん、こんばんは~。

三水館さんレポ始まりましたね\(^O^)/
部屋も休石だったんですね。
あの部屋、寝室とリビングが分かれていて
物凄く使い勝手が良かったですよね。

こたつが暖かそう~。
部屋菓子も温泉饅頭も美味しいですよね。
温泉饅頭を買われたとは、
羨ましい限りです。
私も次に行ったら買おうかなあ?

続きも楽しみにしてます~。

2017/12/06 (Wed) 00:03

kazz  

No title

> 鴨ミールさん

おはようございます~。

> 部屋も休石だったんですね。

山入りの部屋が良かったのですが、
半年前の日曜泊にも拘らず、とれませんでした。

> あの部屋、寝室とリビングが分かれていて
> 物凄く使い勝手が良かったですよね。

はい、結果オーライで心地よく過ごせましたよ。

> こたつが暖かそう~。

エアコンの不調による早出のようでしたが、
我々こたつ好きなものでね。
二人ともこたつで寝落ちしちゃいましたが・・。

> 部屋菓子も温泉饅頭も美味しいですよね。
> 温泉饅頭を買われたとは、
> 羨ましい限りです。

あのタルトはホント絶品でした。
饅頭はつぶとこしの二種類置いてあるのがありがたいですよね。

> 私も次に行ったら買おうかなあ?

美味しいお饅頭ですから、
予約購入してくだされ♪

> 続きも楽しみにしてます~。

頑張りま~す!

2017/12/06 (Wed) 08:51

ちろっこ  

No title

こちらのお宿、名前はよく聞くのですが、全くノーマークでした。
半年前でも希望の客室が取れないなんて、すごい人気宿なのですね…。

行ってみたいなぁ…。

2017/12/06 (Wed) 10:05

山? 俊  

No title

こちら、十年数年前、改装すぐ後に土蔵に宿泊しました。
まだ本格的にブログを始める以前だったので多くの資料が残っていませんが、大変上質な宿という記憶があります。
記事を拝読して再訪したい意欲にかられました。
また僭越ながら、こちらは私のブログにも取り上げた大鹿村「右馬允」を理想の宿にしていると聞き、なおさら再訪してみたく思っています。
続編楽しみにしています

2017/12/07 (Thu) 01:00

kazz  

No title

> ちろっこさん

おはようございます。

この宿を最初に見かけたのは、5~6年前。
どなたかのブログ記事だったかと思います。
写真から伝わってくる雰囲気に魅了され、
何年も行きたい宿の一つでした。

ただ、土日泊となると、まず予約が取れなかったので、
今回のタイミングになったというわけです。

泊まってみて、やはり上質な宿なんだということを
改めて感じました。

いつもコメントをありがとうございます。

2017/12/07 (Thu) 08:45

kazz  

No title

> 山? 俊さん

おはようございます。

俊さんも行かれましたか。
それもリニューアル後間もないころですかね。

泊まってみて、予約が取り辛い人気の宿と言う意味が
わかったような気がします。
決して高級な宿ではないですが、雰囲気のある上質な宿でした。

俊さんの「右馬允」記事を拝見しましたが、
なるほど三水館と同じような雰囲気を感じました。
しかも素晴らしい場所にありますね。
改めて宿のHPと合わせて、ゆっくりと拝見させていただきます。

いつもコメントをありがとうございます。

2017/12/07 (Thu) 08:52