旅の宿から

お宿 花かんざし 朝食編<2018年8月>

2
花かんざしさんの朝食。見事な和食の朝ごはんです。8時少し前に部屋の布団を片付けに来て、その後食事のセッティング。仲居さんは、到着して部屋に案内してくれた時から、夕食、朝食とずっと同じ方が担当してくれました。服装は、前日がずっと和装、朝からは洋装と、雰囲気もガラッと変わりますね。朝らしいシンプルな和食膳といった趣。大根、にんじん、椎茸、里芋などの煮物。さっぱりとほうれん草のお浸し。朝に嬉しいしらすお...

お宿 花かんざし 夕食編<2018年8月>

4
私たち夫婦は初めての花かんざしさんですが、おふくろは十数年前に何度か訪れています。料理が素晴らしいとのことなので、楽しみにしていた夕食です。先ずは最初のセッティング。食前酒は山葡萄のお酒。先付は無花果の甘露。そして酒肴「晩夏の頃 季節の酒菜盛り」。上から、もずく煮、もろこしカステラ、牛蒡巻き、烏賊と銀杏の串揚げ、海鞘(ほや)の塩辛お品書きに花かんざし、三人とも違う花です。お品書きの内容はこちら。箸...

お宿 花かんざし 館内編<2018年8月>

4
夕方、周辺の散策から戻り大浴場へ。まずは到着時男湯だった、露天風呂併設のお風呂に。脱衣所は広くはありませんが、湯船も小ぢんまりしているのでこんなもんでしょう。洗面もシンクが二つと至ってシンプル。アメニティもね。ウォッシュタオルは置いてあるので、バスタオルだけ持参です。タオルの横に不穏なコメントがありました。壁に掲示の温泉分析書、こちらは別表。この表に泉温56.7℃と記されています。それから、岳温泉の特...

お宿 花かんざし 周辺散策編<2018年8月>

2
この日は岳温泉の盆踊りのようで、宿の目の前に櫓が組んでありました。坂の上に行くと温泉神社があります。誰もいない境内はひっそりと。とりあえずいい湯浴みができますように、と。併設して湯の森公園があります。きれいに整備された公園なのに人がいませんね、もったいない。もっとも皆さん岳のお湯が目的なら、わざわざ暑い中繰り出しませんよね。夕食後、賑やかなお囃子に誘われて、盆踊りを見に出かけてみました。宿の前もこ...

お宿 花かんざし 部屋編<2018年8月>

6
靴を脱いで畳敷きの廊下を進むと、すぐ右手に帳場があります。柵の前にぶら下がっているのは、手作りの草鞋。お一つお土産にどうぞ、というのでありがたくいただいてきました。そのまま進むと突き当りに着物が掛けられています。 一瞬、石川さんを思い出しちゃった。ここを右にクランク状に進むと部屋へと続く廊下。これは部屋の前から玄関方向に向かって見たところ。お世話になる部屋は片栗。間取りは、和室8帖+8帖(食事室)+...

お宿 花かんざし 到着編<2018年8月>

4
毎夏恒例、おふくろを伴っての三人旅、今回の行き先は福島県。毎年福島には3、4回訪れていたんだけれど、今年はこの旅が初めて。まずは地元でランチを、と向かったのはいつも平日にお世話になっているこちらのお店。週に1、2回、必ずお邪魔しているホームグラウンド。蕎麦屋さんではあるけれど、私はここのうどんが大好き。特にカレーうどんが大好物。真夏だろうが汗でぐしょぐしょになりながら、それこそ一年中食べている。見かね...