旅の宿から

灯屋 迎帆楼 朝食編<2018年10月>

2
気持ちよく目覚めた朝、早速ひと風呂浴びて、部屋から見えていた橋を渡ってみようかと考え、一人散歩に出かけてみました。ここは宿入口の反対側。奥まで行っちゃうと部屋が見えちゃいそうなので。立っているのは食事処の前辺り、階段が見えるところがロビーの辺かな。奥にしっかりと犬山城も写っていますよ。橋の袂から。鵜飼の屋形船、お宿、そして犬山城。橋の中ほどから上流方向。しかし広い川幅だこと。今度は下流方向。目の前...

灯屋 迎帆楼 夕食編<2018年10月>

8
迎帆楼さん神無月の夕食。食前酒はなんと、味醂。確かにみりんはお酒だけど、これは初めてでびっくり。先附あおりいかムース 雲丹クリームキャビア添え烏賊の香りに食感、キャビアの塩味、雲丹クリームの濃厚さ、美味いです。下にはあおさのソースも敷かれていました。スタートからすごいものをいただいちゃった。最初のお酒はスパークリングワインを。前菜秋らしい色味と設えでいい感じです♪鶏ささみのいが揚げ、帆立と焼き椎茸 ...

灯屋 迎帆楼 館内編<2018年10月>

4
それでは館内を少しご案内。到着して最初に通していただいたのがこちらのフロント。まだチェックイン前だったからだと思われます。ここで宿帳に記入し、貸切風呂の時間を決めたり、夕食の時間を決めたりと。フロントの隣はお土産が並ぶスーベニールスペース。チェックイン時にいただいたお菓子のホール状態。これがお土産に買ったおいものかりんとう。色々な種類があったんだ。実際にチェックインしてお着き菓子をいただいたのは、...

灯屋 迎帆楼 部屋編<2018年10月>

6
今回お世話になった部屋は、KISOエグゼクティブスイートの「とうしん」。それぞれの部屋には「灯」にまつわる名前が付けられている。とうしん(灯心)は、行灯やランプなどの芯のこと。灯心の材料にはい草が使われることもあり、い草は別名「灯心草」と呼ばれているんだとか。部屋全体の間取りはこんな感じ。(HPより拝借)半露天風呂付和洋室(メゾネット)、広さは75㎡。玄関。決して広くはないけれど、必要十分かな。靴を履くと...

灯屋 迎帆楼 到着編<2018年10月>

2
毎年恒例BD旅の時期がやってきた。でも今年はちょいと特別な旅になります。めでたいのか、そうでないのかわからないけど、夫婦二人そろって、いよいよ還暦と言うことで(^-^;こんな強引な旅は今回が最後かな、というくらいのロングドライブ旅に出ることに。今回の目的地に赴くために、なんでかこんなところに向かうことに。まぁ、景色は間違いなくきれいなんだけど、なんでこんなに遠回りせなあかんのか。ということで、最初に立ち...