旅の宿から

たま~に温泉目指して旅に出ます。

海のしょうげつ 朝食編<2018年10月>

朝。そして記念旅の最終日です。まずは絶景を眺めながら露天風呂をじっくりと楽しむ。ちょいとお腹が空いてくる時間になり、朝食の時間が待ち遠しくなってくる。個室は昨夜と同じ場所。昨夜見えた夜景の街が、眩い朝日に包まれている。最初のセッティング、ここに小鉢が追加されます。朝の小鉢いろいろ。ドリンクはりんごかトマトが選べたような。一口サイズの干物が五種類、いろいろ食べられていいね。中にはとりがいなんていうも...

続きを読む

海のしょうげつ 夕食編<2018年10月>

飽きもせずに海を眺めているうちに、夕食となりました。時間は選択制。18:30スタートでお願いしました。エレベーターで1階に赴き、こんなエントランスを進んでゆくと個室食事処があります。個室の窓からは、ライトアップされた庭と、向こうには内海の街の灯り。お品書き。平成三十年 神無月 「秋風が実る稲穂を揺らす頃」、スタート。先附け京都九条葱と焼き穴子、辛子酢味噌、紅蓼人参と大あさりの煮浸し、もって菊煮物椀清汁...

続きを読む

海のしょうげつ 館内編<2018年10月>

館内に入ると先ず目に入るのがこのレセプション。その先に進むとストーブのあるロビー、玄関方向に向かって。女房殿は友達と伊豆方面に何度か出かけているけど、私は海の見えるお宿に泊まるのは初めて。なので、ロビーに通されていきなりこの眺めにテンション上がった~♪ベランダから。対岸にみえるのがおそらく津市の辺り。ベランダ反対方向に見える対岸が伊勢志摩の辺ですかね。ロビーの一角にあるフリードリンクのコーナー。こ...

続きを読む

海のしょうげつ 到着~部屋編<2018年10月>

常滑でゆっくりしすぎて宿に付いたのは14:20頃。この日の宿泊も迎帆楼さん同様、件のブロガーさん記事で知ることとなったお宿。帰りはまたロングドライブで大変になるけど、せっかく愛知までやって来たのならば、ここに来ない手はない。アジアンテイストの玄関を入り、館内に一歩踏み入れ、ロビーに通していただく。知多半島 海のしょうげつ〒470-3321 愛知県知多郡南知多町内海前山80TEL.0569-62-3960チェックイン/14:00 チ...

続きを読む