旅の宿から

たま~に温泉目指して旅に出ます。

ホテルふたり木もれ陽 道草編<2019年10月>

後ろ髪を引かれながらも11:00にチェックアウトし、車を走らせ伊東市街地を抜け、さらに南下します。着いたところは城ヶ崎の門脇駐車場。白塔形の門脇灯台(門脇埼灯台)は高さ25m。初点灯されたのは昭和35年とのことです。最上階にある灯室の下には展望台があり、天気はイマイチながら海と山の景色を堪能できた。反対方向からは大室山も一望できる。城ヶ崎のもう一つの名所は、この門脇吊橋。海面からの高さは23m、長さは48m。橋...

続きを読む

ホテルふたり木もれ陽 朝食編<2019年10月>

早目の時間にマッサージチェアで寝落ちしたおかげで、翌朝は日の出が見られる時間に起床することができた。問題はこの日の天気だが・・・雨は降っていないようだ。まだ太陽は顔を出してはいないが、薄っすらと空が紅く色付いている。陽が昇りはじめた。でも恥ずかしそうにその姿を隠している。しばらくすると、雲が一瞬晴れて太陽がその姿を現してくれた。ラッキーだったね♪その後はまたこんな感じで雲の中へ。朝食は8:30にお願い...

続きを読む

ホテルふたり木もれ陽 夕食編<2019年10月>

部屋のあるフロアから1階までエレベーターで降り、そこから別のエレベーターで地下2階まで下ります。夕食はレストランKOMOREBIで。時間は18:00から20:00くらいの間で選べたと思います。我々は18:00からをチョイス。天井は抜けているけど、扉の付いた個室の空間で。そして最初のセッティング。青いプレートが印象的です。料理がサーブされるとすぐに片付けられちゃいますが。最初は二人とも ROBERT MONCUIT GRAND CRU と言うシャ...

続きを読む

ホテルふたり木もれ陽 風呂編<2019年10月>

まずは余裕の広さの洗面所から。たっぷり用意されたスペースにボウルが二つ。またアメニティがさすがの充実度。DHCのオリーブゴールドシリーズから、クレンジングオイル、ミルキーフェイスウォッシュ、ジェルローションにミルキージェル。その隣にあるのはファインのオールインワン。それにテマエやヨンカのシリーズも。こちらはスタッフさんに確認したうえで、持ち帰ってきました。立派な木製のブラシに歯ブラシ、シェイバー、ボ...

続きを読む

ホテルふたり木もれ陽 部屋編<2019年10月>

ホテルに10室ある部屋は、すべてがおよそ100㎡のスイート仕様。今回滞在するのはスタンダード・オーシャン・スイートと言うタイプの部屋。下から二番目のグレードながら、その名の通り海がよく見渡せるナイスビューの部屋です。(興奮していたのか、まともに撮った部屋画像が一枚もなくHPより拝借)ダブルベッドが二台。後ろ側の壁両側にオサレな照明。ベッドの上に置いてあった上質なパジャマ。そのベッドの隣には重厚なソファ。...

続きを読む

ホテルふたり木もれ陽 到着~館内編<2019年10月>

恒例の2人分まとめてBD旅。今年もこの時がやって来た。年に一度思いっきり贅沢しちゃおう、と言うことで。最近は一人旅が多いもんだから、そのギャップがものすごい(笑)圏央道を走っていると八王子辺りが渋滞しているとの掲示板情報。道路状況を確かめるべく、いつもの狭山PAに立ち寄り休憩。ここのおにぎりは相変わらず充実しているなぁ。なんでこんなに美味しそうなんだろ。狭山茶を使ったシュークリームもそそられるし。しかし...

続きを読む