旅の宿から

たま~に温泉目指して旅に出ます。

高原のホテル ラパン 館内編(2)<2016年6月>

高原のホテル ラパン館内散策編その2。いったん外に出るとこの景色。緑に囲まれてとにかく気持ちいいです。少し中に入ってから、外を振り返ると・・・。夜もまたキレイです。こちらはライブラリーですかね。この後ろにたくさんの雑誌や本が並べられていました。...

続きを読む

高原のホテル ラパン 館内編(1)<2016年6月>

高原のホテル ラパンの館内散策です。チェックインしたのはこんな場所。こういう置物にもこだわりを感じます。写真の羅列になってしまいましたが、館内を見て回るだけでも飽きませんね。館内散策編もう少し続きます。...

続きを読む

高原のホテル ラパン 部屋編<2016年6月>

高原のホテル ラパン〒377-1611 群馬県吾妻郡嬬恋村干俣バラギ高原2401TEL.0279-96-1122今回宿泊したのは、別館「森の月」。203号室は、「宵月」の部屋名がついていました。部屋のレイアウトはこんな感じ。(HPより拝借しました)まずは、主室となる和室8畳に寝室となる洋室7畳。しかし、あのオシャレな洋館がこの別館の部屋に入るとまるで古民家に紛れ込んだみたいな・・・。部屋食なのでダイニングルームと、楽しみにしてい...

続きを読む

高原のホテル ラパン 到着編<2016年6月>

ランチをいただき、一路本日の宿へ向かうも少々時間が早いので、近辺のバラギ湖へ。湖というより池と言ったほうがいいくらいの小ささ。写真も撮りませんでしたが、その先に進むと丘陵地に一面のキャベツ畑。さすがにメッカです。まるで嬬恋版美瑛の丘。さてさて、いよいよ宿に到着です。エントランスから続く館内への入口。すでに期待でいっぱいです(^^♪...

続きを読む

高原のホテル ラパン 道草編(1)<2016年6月>

梅雨真っ盛りにもかかわらず、嬬恋村に向けて出発。途中ランチに寄ったところがこちらモアザン 地産地消カフェ ぷくぷく(長い)さん。こちらの売りは、何と言ってもハルランというたまご屋さんの新鮮たまごを使ったオムライス。ボリュームたっぷりのオムレツが古代米の上にドカッと鎮座してます。いや~、おいしかった!モアザン 地産地消カフェ ぷくぷく群馬県吾妻郡中之条町大字伊勢町148-1TEL.0279-75-0611レストラン営業時間/...

続きを読む