旅の宿から

たま~に温泉目指して旅に出ます。

鄙の宿 金宇館 風呂編<2016年11月>

お風呂に行ってみます。部屋でチェックインをすまし、少し女将さんとお話をさせていただきました。その後、今なら空いているのでお風呂にどうぞ、とのことでしたので素直にお風呂へ。同じ美ケ原温泉の御宿石川さんのお風呂、キレイなタイルづくりでしたが、金宇館さんも同様に美しいです。まずは更衣室。段違い風呂籠、ですかね。そして美しい内湯の湯船(^^♪こちらが洞窟風呂。夜に入りに来た時。だれもいなかったので、カメラ持参...

続きを読む

鄙の宿 金宇館 部屋編(2)<2016年11月>

風情ある部屋の中をもう少し。女将さんのお話では、他の部屋はサッシが入っているようですが、この洋室だけは昔のまんまだとか。ガラスを近くで見ると、手作りのように表面が波打っているのがわかる。美しい…。こんな調度品が置いてあるのもレトロ感満載。浴衣とともにタオルが置いてありましたが、淡い色合いがキレイな丁子染のタオル。質感がとってもよかった。洗面所はちょいと狭めですが、問題なし。トイレはフルオート。快適...

続きを読む

鄙の宿 金宇館 部屋編(1)<2016年11月>

玄関を入り、上がったところが帳場。でもここでのチェックアウトはなし。そのまま部屋に通してもらい、そこで宿帳に記帳。それでは今回の部屋に。最初だからこそ、この部屋を選んだ。辻堂。お着き菓子は温泉饅頭。昼間のかき揚げ蕎麦が祟って、とても入らず。二つとも女房殿の胃袋へ(^-^;鍵は一つ。そして憧れていた、この洋室。もっと引いて撮ればよかった、と後になって後悔。元々はこの洋室「桜」という独立した和室の部屋だっ...

続きを読む

鄙の宿 金宇館 到着編<2016年11月>

少し早めの到着だったので、駐車場に車を停めて車内で待機。憧れていたステキな光景が目の前に広がります。写真には写ってないけど、到着時、若旦那さんが打ち水をしていました。すぐに気づいてくださり、案内していただきましたよ。美ケ原温泉 鄙の宿 金宇館〒390-0221 長野県松本市里山辺131-2TEL.0263-32-1922チェックイン/15:00チェックアウト/10:00そして玄関へ。玄関左手に干し柿が吊るしてあって、なんともいい風情です...

続きを読む

鄙の宿 金宇館 道草編(1)<2016年11月>

先月に続いて、信州を旅してまいりました。東北道から北関東道を経由して上信越道へ。東部湯の丸インターで降りて、とあるブロガーさんが紹介されていたお蕎麦屋さんで昼食を。しかし、観光バスが訪れるほど大きなお店で、ちょっと不安になったね。信州そば処 ふるさとの草笛〒389-0514 長野県東御市加沢435-1TEL.0268-63-1888平日/11:00~15:00土日/11:00~15:00・17:30~19:45こんな時は、温かいお蕎麦に限ります。そしてオー...

続きを読む